「正解するカド」 スケールでかいけどオチが!

 アニメ「正解するカド」を今さら観ました

感想は、途中はすごい引き込まれたけど、最後が惜しい感じでした。

「ヤハクィザシュニナ」ってどう読むのかと思った。聞いたら普通だった。

 

内容

ざっくり言うと、宇宙を創った神様が突然でてきて人類の進歩を手伝い始める話です。

序盤・中盤は次々と進展があって、次!次は!?という感じでおもしろかったー。

終盤になるとなんというか、最初に予測してしまった「もしかしてこうなるんじゃ」という方向に進んでいった感があります。ナノミスハインとか印象が薄い・・・

オチもちょっとスピード早すぎたかもと思う。いやおもしろかったんだけれども。

 

感想

まず、音楽がなんか豪華。気合いが入ってる。なんとなく特撮?っぽい。正解。

 

絵はCG。トゥーンレンダリングだと思う。これは特撮的描写が多いのでよかったと思う。神様は多次元人だしそれっぽい?ものもいろいろ出てくるし。

しかし人の動きが硬いというかなんというか、びゅんびゅんは動きません。まあそういう話でもないしいいか・・・でもやっぱ硬いんだよなーでも絵だと難しそうだし、これは正解か。

 

キャラクタは、なんか政界の人とかがいっぱい出てきます。どこかで見たことあるような顔もちらほら!平成の人とか。

おじさん以外はみんなイケメンという仕様です。

ちなみに女の子のパンツとかは特に出てこない仕様です。

実際こんなことになったらもっと世界中大騒ぎだよなーと思いつつ、国連の動きが妙にリアルな感じがして何だかなーと思わされた。

 

それと、ちょっとこれは言っておきたいんですが、

最後けっきょく殴り合いなんかーい

というところですね。やるならもっとデュシデュシしてほしい。でもやったら安っぽくなりそう。

 

このへんどうなったんだろう

あとはちょっと気になったところとしては、なるべくネタバレしたくないんですが

 ・最後は使えなくなっちゃうワム。形が大事じゃないんかーい

 ・電力会社かわいそう

 ・はかせどこいった、最後なに考えてたん

 ・むすめさんどこいった

 ・ザシュニナどうなった

 ・異方人タイツ好き

 ・カドはただの隔離体だから正解してない

いや文句じゃない!ちょっと気になっただけ!

なぜか、ワムは形が大事ていうのが印象的でした。

 

まとめ

ブルーレイだときれいに観れるんだろうか。

しかし!オチを知っててもう一回は観れないので、忘れたころに という感触です。

いやおもしろくないとは言いたくないけど、読み返すとごめんなさいな文ですね・・・