無印良品のジョイントタップ 磁石よわ

無印のおしゃれなジョイントタップを使ってる

無印良品から、こじゃれた電源タップが出てるんですが、それを買ったんですよ。

 

概要

f:id:hircos:20171102055704j:plain

コード写ってないけどね!

 

・電源タップ本体(プラグ刺すところ)

・電源コード

・どこかにくっつけるための磁石(なくても使える)

というパーツに分かれていて、それぞれ何種類かあるヴァリエーションから選べます。

電源タップ本体はプラグの口数、コードは長さ、磁石は磁石かフックか みたいな。

 

コードさすところ

f:id:hircos:20171102055713j:plain

 

磁石つけると↓

f:id:hircos:20171102055721j:plain

 

感想

まず言いたいのは、磁石よわー!ってことですね。

一応磁石なので金属面につくんですが、弱すぎてポロリ頻発します。

 

机の下でこんな感じで使ってる↓

f:id:hircos:20171102055729j:plain

iPhoneを充電したりしてるんですが、↑このiPhoneのケーブルをちょっとひっぱろうものならポロリ。

もちろん磁石でつけたままプラグの抜き差しは不可能です。

違う・・・コレジャナイ・・・

タップ本体と磁石はパチンと簡単に合体できるんですが、がっちりと結合しません。

がたがた。

このクオリティは憎むべきと思う。

 

あとは、電源コードの長さ選べたりするのはよいです。

まあでも、模様替えのこととか考えると長めのやつ選ぶよね普通。

ちなみに電源コードの刺し口にロック機能が付いたのは最近みたいです。

改良するところソコジャナイ・・・

旧版で電源コード抜けるほど引っ張るシチュエーションてどんななんだろう。まあいろいろあったんでしょう。

 

タップ本体はすっきりしておしゃれ!

わたしの場合は机の下だから意味なし!

ACアダプタとか刺すと、隣まで塞いでしまいます。

間隔がちょっと狭い。

ちなみにUSBが刺せるタイプもあった。

頻繁に抜き差しされることを考慮するんであれば、やっぱ磁石はムニャムニャ・・・

 

まとめ

おしゃれなので(個人的な感想ですが)、どうしても隠せないときにはよいと思います。

しかし、使い勝手は全く良くない。

磁石は買う前に検討しにくいですよ。

まあおしゃれじゃない奴は事務用品から探しとけって感じなんでしょうね。

使ってるけどね!