「アトム ザ・ビギニング」 なんか薄いよ話がさ

アニメ「アトム ザ・ビギニング」を観ました

全部観ましたが、あんまりおもしろくなかった!なんかすまん!

 

内容

手塚治虫の「鉄腕アトム」の、もっと前の話です。

お茶の水博士が大学院生です。若い。

なのでアトムは全然出てこなくて、アトムの基になるロボの話です。

 

原作は漫画なのかな。

カサハラテツロー × ゆうきまさみ だそうな。どっちも知らないすみません!

パトレイバー知らないんだよな。

そもそも「鉄腕アトム」も世代じゃないけどね。アトム世代って相当前か。

手塚治虫といえば、ブラックジャック火の鳥ブッダだよな!

 

アトムといえば最近、浦沢直樹の「PLUTO」もありますね。

あれまだ途中までしか読んだことないや。

 

ちょいずれましたが、お茶の水博士・天馬博士の若かりし頃の話です。

巨匠の作品のスピンオフ(てゆうの?)って、勇気がすごい。あれこれ考えちゃいそうですよね。

 

感想

しかーし、正直、おもしろくない!

原作読んでないので、あくまでアニメの感想です。

 

まず、テンポが悪い。話がなかなか進まないし、特に事件も起こらない。

かと思うと急に話が進んだりして「えっ」ってなる。

ロボレス出場前後、話飛ばしちゃったかと思って確認しちゃった。

漫画の話はもっと進んでるようなので、「ここからここまでを12話で」という作り方でそれぞれの回が薄まってしまったのかしら。

これは2期やる気まんまんてことなのかね。真意はわかりませんが、ちょっと残念。

 

そして、悪い意味でなんとなくNHKぽい。いやNHKなんだけど。

なんかこう、ふざけたシーンも、優等生がちょっとふざけてるイメージ。

さむい・・・さむいよ・・・

これはあれか?NHK的規制が存在するの?

それともあれか、子ども向けなの?いやでも放送時刻23時だしな。

 

女の子がかわいくないのは好みの問題としてもだ・・・

 

アニメ観終わった後で、「どこにアトムのビギニングが?」と思ったけど、これは原作を読まないとわからなそうです。

話が完結してないよ!無理やり「始まる・・・」とか言わせても騙されんぞ!

 

薄い と感じたのは、メッセージが読み取れなかった(いや調子こいてるとは思ってますが)ということでもある。

↑内容のところにも書けなかったとおり、内容が無いよう!

ロボに壊し合いをさせる人間を憎むわけでなし、自我が芽生えて言うことを聞かなくなるわけでなし、ぺらぺら話せるようになるわけでなし。

うーんやっぱりザ・ビギニングのビギニングだったかも。

 

で、内容からして本筋ではないですが、必殺技である一千馬力パンチ、ばくれつけんをほとんど打ちません。

ロボアニメとしてもまさにパンチが足りない。

まあパンチしまくって物を壊しまくると話変わっちゃうからなあ・・・

 

OPはすごいかっこいいと思った。

そらる × まふまふ だそうな。どっちも知らないすみません!

初見、ネットの歌い手っぽいなと思ったら、やっぱそうでした。

こんなこと書いたら怒られる?声がみんな似てるのとシャウトしたがるので・・・

おっくせんまんおっくせんまん!を思い出した。

主人公ロボのA106は、本編でOPくらいハジけるのかと思ったが、デビューできずに終わった。

あとロボっぽい声でわざわざしゃべるのは要らないかも。

 

まとめ

ということで、好きな人には申し訳ないが、私にはいまいちだった。

正直何度も切ろうと思ったが、全部観れてよかった。

もし2期やるとしたら観とかないと分からなくなっちゃうからね!

べ、べつに期待してるんじゃないんだからね!