こどものトイレトレーニングを父親がまとめる

3歳7ヶ月の娘のトイトレについて、備忘録のように書きたいと思いました。

私が書くので、あくまで父親目線がメイン。

この文章がいつまでも残るかはわからんけど、トイトレ中はみんな悩むものみたいだし、何番煎じだろうとこんな文章はいくらあってもいいと思う。

まあ得るものもあるでしょう。(もう完全に先輩面してまーす)

 

結論としては、こどもの気分だと思うよやっぱり。

 

トイトレの始まりは唐突に

既に忘れかけていますが・・・

幼稚園に行かせよう。ということがなんとなく決まるころ、預かってもらうならトイレ行けるようになっておかなきゃ という感じでなんとなく開始。

最初は家内に一緒にトイレ行ってもらってたような。

まあいきなり連れてって「オラ座れや」というのもね。

補助便座、踏み台は必須です。補助便座ないと落ちるし、足がぶらーんだと落ち着かないので踏み台。

 

どんな顔してたっけなー

大人と同じことやるので割と楽しそうだった気がする。

 

とにかくトイレに行ってもらわんと

トイトレというものはトイレでやるもんであって、トイレ行かないと始まらないわけです。

ですので、いかにトイレに連行するかという点でまずは試行錯誤するもんじゃないでしょうか。

 

うちは、まずシール作戦。

出る出ないに関わらず1枚、何かしら放出できれば2枚を、トイレに貼った台紙に貼るというルールです。

これで頻繁にトイレに連行してました。

「いかなーい」ときたら「じゃあパパが代わりに貼っとくわ。あざす。」で。

 

少なくとも1枚は貼れる というのは良し悪し。モチベーションは上がるがシールのプレミア感が下がります。

トイトレ末期になると、シール貼っても貼らんでもいい くらいになる。

導入としてはいいのではないかと思います。

文房具屋のシールは高いので、100均で。

事務用の●みたいなシールだと最初はいいけど飽きるので、カッワイイやつがよいです。これはこどもの好みで。

そういえば大人でも、ごほうびシールちょっと流行ってる?

 

便座に座ってもらったら、「出るー?」「出なーい」のループです。

そう簡単には出ません。

これは個人的な考えですが、ここで試行錯誤していろいろやらない方がいいかと思います。

もうこのあたりの年齢になったらもちろん感情もありますし、いろいろ考えてます。

いろいろやっても出ない → え、これってもしかしてヤバい? という焦りにつながったら悪いし。

「出なーい」「おーじゃあまた今度かー」くらいでした。

お互いのためにも、このくらいがいいかと。疲れちゃうから。持久戦だから。

 

ここからが長かった

上記のとおり、のんびりやったからなのかどうなのかわかりませんが、ここからが長かった。

どのくらいだろう・・・始めたときは寒かったから、半年以上?

親は折れない心が必要です。もし折れても悟られぬよう。

「どうしたらいいかわかんないねー」なんて夫婦で話した記憶が。

まあうちは温厚なので大丈夫ですが、ここで喧嘩してはいけません。たかがトイレです。おしっこうんこで盛り上がるのはこどもだけです。

のらりくらりと、こどものきっかけを待ちます。

途中、ちょっとさぼってました。やっぱ結果が出ないと持続できん。

わざとパンツに漏らさせて、気持ち悪いショックを与える方法もありますが、娘には効果はいまひとつ。鈍感なのね・・・

 

うちのこは最高に気がきく賢いチャイルドなので、「トイレいきたい」と言えない状況だとよく漏らしてましたね。

家内不在、私が皿洗ってたり洗濯物を干してたりすると、なんか静かだなーと思った頃に漏らす。うんこを。

そんなとき怒ってはいけません。事後でも「じゃあトイレ行くかー次は言ってくれい」です。

しかしここは反省点があり、家内に怒る役をやらせてしまいました。あざす、すまん。

父親は母親に怒る役割をやらせがち!と優木まおみも言ってた。

「ごめんね・・・」なんて言われると怒れんよ。女は女優です。

顔でわかるので、声をかけるとうまくいったりしてました。

 

気遣いというものも教育しましょう。うんこが繋ぐ家族愛。

もちろん出来たら大げさにほめます。すごい!えらい!かっこいい!ぱねえ!

 

終わりはあっさりとくるもんだ

こどもによってきっかけはバラバラみたいですね。

でもだいたいは、あっさりとできるようになっちゃうとか。

 

娘の場合は、幼稚園の夏休み明けでした。

それまでは声掛けたらどっこらしょでトイレ という感じでしたが、休み明けの幼稚園では自分で行けたとのこと。

まじすか!といったらドヤ顔してましたね。

みんなトイレ行ってたので、触発されたんでしょうか。

その前もトイレ行く子は行ってたので、なにが違うんでしょう。

精神的な成長具合もあるんでしょうし、どれがトリガだったのかはわかりません。

自分で納得したんじゃないですかね。そんなもんなんでしょう。

ということで、なんだかあっさりと終わりました。

「一人で行くからパパは待ってていいよ」なんつってね。急に調子こきやがって。

 

今でもおねしょとか、我慢してて漏らすとか、あります。

でも急に楽になった!

 

まわりからいろいろ言われる、まわりを見ちゃう

よくある話、「トイレ行けるようになった?」とかね。

「年近いのにあの子は行ける」とかね。

なんか子育てってそういうところありますよね。

うちはほとんどなかったと思う。例えば、じいさんばあさんがうるさかったらまた違ってたな。

こどもの気分なので適当にあしらうか、ビシッと言いましょう。

私は自分の親に「この子はのんびりやるから」とか言った記憶があります。

行き詰ってる時に何を言われても効かないとは思いますが、どうせ出来るようになるんですから。

 

まとめ

ということで、ちょっとできるようになったからもう上から目線でアドバイス的なものを書いちゃうっていう。ドヤア

別に上手なやり方をやったわけではないですが、体験談として一応ね。

子育ての記憶は忘れていきがちなので、すぐ書かないと忘れますしね。

私は外で仕事なのでずっと家にいるわけでもないし、ずっと見てきたわけでもないのに何を偉そうに!と思いますけどね。

まあいいじゃないですか。パパは嬉しいんですよ。ママもお疲れ様でした。