夫の小遣い 妻の小遣い みんなで小遣いをもらう楽しみを味わおう

我が家のオサイフ事情について書きます。

いいね?

 

ぼくらはみんな財閥だ

誰が財布を握ってるか議論はよくありますよね。

うちは、どちらも半々というところです。

 

まず、夫婦どちらも1ヶ月に一度、お小遣いが支給されます。

なんとボーナスがあればその時も支給されます。

自由と責任が偏るのは良くない!というのは後付けのカッコイイ理由です。

実際は、「●●財閥を設立しよう」(●●は苗字です)という私のアイデアでした。

すみません半分くらいふざけてました。

まあでも、どちらかがどちらかにお願いしてお金をもらったり

欲しいものを申告するのって変じゃん?

うちは私が稼ぎ頭ですが、私が稼いできてるんだぞエッヘンという感じは

違うと思ってまして。

うちのことは家内がやってますので、夫婦二人三脚ですね。

あーまたいいこと言っちゃったかーこれはー

夫婦平等にすると、お小遣いは完全に個人の自由に使えるお金、

財閥は家計なので大事にするべきお金、

ということで夫婦どちらもメリハリがつきますし、自覚できます。

なんか書いてたらほんとにいい仕組みみたいに思えてきた。

真似していいぞ!

 

財布はわけよう

そうして設立された財閥ですが、もちろん実物の財布も別です。

お金が混ざっちゃうからね。

その財布自体を●●財閥と呼んでいます。

財布が多いと持ち歩くのがちょっと不便ですが、

まあそういう仕組みなのでしょうがない。

基本は私が持ちますが、どちらが管理するかは決めてません。

「財閥とってー」とか「あれ、財閥もってる?」とか、変なセリフが生まれます。

 

ちなみにお小遣いから出す範囲ですが・・・

ありがちなところだと、

 ・昼ごはん

 ・ガソリン

 ・飲み会

 ・服、靴、アクセサリー等

 ・化粧品

 ・散髪

 ・本(なんとなく漫画はお小遣いから!)

などは財閥から出ます。

昼ごはんは弁当、ガソリンは車通勤じゃないのでアレですが。

飲み会はほとんど行かない(早く帰って家で飲みたい派)、

服は少ない派、なのでアレですが。

まあ夫婦ともに、あんまりじゃんじゃん金を使う派ではないので

それでうまくいってる面も多々ありますね。

じゃあお小遣いでなにやってんのかって言うと、純粋に趣味に使ってると思う。

お小遣いだもんね!

あれパッと使い道が出てこないけど大丈夫かなこれ・・・

使途不明金があったとしても、お小遣いなので個人の問題です。

 

お金のことは相談しましょう

なにか大きな買い物、これ財閥から出しちゃっていいかなビクビク

といったものを買うときは、お互い相談します。

いいね!のときもありますし、えーまじでー のときも、もちろんあります。

こういうのは相談が大事と思う。当り前か。

お互いの承認を得ることが買い物フローに含まれてないと独裁政権になるので、

うちはもっぱら相談天国です。

相談しよう そうしよう

 

まとめ?

誰にも聞かれてないのに財布事情を暴露する奇行。

よそはよそ、うちはうち でしょうが、こんなのもあるよってことでいかがでしょう。

うちはさらにもうひとつ財布が存在しますが、その話はまたの機会ということで。