自炊で本を減らそう 200DX、ScanSnap iX500で間違いないよ

料理じゃないほうの自炊の話です。

本をスキャンするほう。

読んでもらいたいので、紙魚について貼っておきます。

 

自炊とは

自分で所有している本の背表紙を裁断し、スキャナによってデジタルデータ化します。

本の実物があるのになぜわざわざデータにするかというと

 ・本が邪魔

 ・タブレット、スマホなどで読みたい

 ・デジタルデータで使いやすい情報に

といったところでしょうか。

 

本は重く、かさばります。

データ化してしまえば古紙回収でもなんでも、捨ててしまえるので、引っ越し前などはかなりおすすめです。

わたしの場合、本がやたら多かったので、引越段ボール10箱前後はすっきりしました。

めちゃめちゃ重いしね・・・

 

データ化してしまえば自分の好きなように使えますので

タブレットで読もうがPCで読もうが、自由です。

 

デジタルデータであることの意義ですが、

ちゃんとしたスキャナであれば、文字を文字として取り込むことができます。

それはつまり、本の内容から文字を検索できる!

どこに書いてあったっけ という状況では、デジタルデータの方が探しやすさは上かと思います。

 

自分のデータは自分で管理したい

デジタルデータの意義についてもう少し。

なんで電子書籍を直接買うのではだめかというところですが

電子書籍ってネットワークに接続してるの前提が多くない?

雑誌とかだと、webシステムにログインすると自分が購入した本が閲覧できるとか、認証したら読めるとか、そういうのがあるかと思います。

しかしわたしは言いたい。

それは本当に自分で所有している本だと言えるのか? と。

要するに、扱いやすいpdfが欲しいんですよね。

 

機材

わたしの場合、この二つです。

 ・裁断機 DURODEX 200DX

 ・スキャナ 富士通 ScanSnap iX500

わたしは他の裁断機・スキャナは持ってないですが、この二つがあれば間違いないと思う。

 

裁断機 DURODEX 200DX

f:id:hircos:20171102054601j:plain

こんな感じ。

特徴は、こんな感じ。

 ・めちゃくちゃ重い。12kg!

 ・ズバッと切れる。

 ・縦置き可能で割とマシな収納

まあガイドラインライトとかありますが、どうでもよい!

とにかくズバッと切れることが何より重要です。

 

200ページ弱の雑誌をよく切ります。

f:id:hircos:20171102054611j:plain

すばらしい。

重いので、置いてしまえば扱いやすい。

ものの数分でこのとおりでござる。

f:id:hircos:20171102054621j:plain

ねこかわいい。

 

使い方の注意点は、けっこう多めにばっさりいくことです。

背表紙の糊が付いてる部分が残っていると、後工程のスキャンで重なりが検出され、相当めんどくさいことになります。

多めに切っても意外と字は切れないものです。

ここは一思いにバサッといくのが良い。

 

そんなに頻繁に使うものでもないので、終わったら付属の段ボールに入れて押し入れに封印です。大儀であった。

 

 

スキャナ 富士通 ScanSnap iX500

ここからはスキャナの出番。

まああとはスキャナに突っ込んでスイッチをポチーです。

 

これがスキャナ。

f:id:hircos:20171102054629j:plain

コンパクト、軽い!

ちなみに裁断機とどっこいの値段です。裁断機パネエ

人差し指の傷痕は、水ぼうそうのあとです。

 

 

 

臨戦態勢がこちら。

f:id:hircos:20171102054638j:plain

輝いているのがスイッチね。

使うときには結構場所を取るので、普段はこいつもしまってあります。

 

雑誌を突っ込むとこうなる。

f:id:hircos:20171102054648j:plain

で、あとは輝くスイッチを押すと、スキャン開始です。

 

スキャンは、両面いけますので、うまくいけば放っておいても大丈夫。

ちなみにわたしの設定は、

 画質: エクセレント

 圧縮: 2 (5段階の2、圧縮弱い方)

です。

雑誌読むにはオーバースペックな設定ですが、もし将来的に大きなデバイスで読めるようになった場合を考えて、きれいに残しておいた方がよいかと思いました。

この設定だと、A4・200ページで600MB・・・1年間で12冊・・・

 

注意点ですが、こいつ結構すぐ弱音を吐きます。

重なり検出、紙詰まりなど、なにかと止まります。いや止まってくれてありがたいんですが。

なので放っておくのはお勧めできず、そばにいてあげたほうがよいです。

それと、紙100枚は一度に入りません。

厚さにもよるんでしょうけど、50枚くらいかな。

継ぎ足して一つのファイルにしてくれるので不満はないですが、一気に出来たらよかったのにな。

使ってて気になるのはこの辺かな。

 

それともうひとつ。

USB3.0ドライバの具合が悪く、悪戦苦闘したことがありました。

なんとブートローダがやられてOS起動せず、涙の再インストールにまで追い詰められたこともあります。

症状は、スキャンがすぐに止まる。

メモリ不足っぽい動きで、数枚読ませると急に音沙汰がなくなったりしました。

本来であればタイムアウトして止まるなんてそうそうないみたいなので、こんな症状が出た場合はドライバを疑った方がよいです。

うちのマザーボードは「ASUS M5A99FX PRO R2.0」。

たぶんこいつのUSBドライバと喧嘩します。

最新のドライバをあてたところ解決したので、原因はきっとドライバです。

この情報を世に出せてよかった。

わたしはこれでなぜかすごくハマり、相当時間を無駄にしました。

もういっかい書いとこ。マザーボードは「ASUS M5A99FX PRO R2.0」!

富士通を恨むのはやめて!

 

まとめ

自炊やろうとすると、10万円くらい金が吹っ飛びます。

でもわたしは、やってよかったと心底思います。

電子書籍を買うのはいつになることやら。

これに限っては時代の波に乗れてないオジイチャンです。

もちろん著作権等を無視してばらまくのはだめです。

ちゃんと買おう!

消費は投資。約束だよ。