アニメ「サクラクエスト」 地方の現実と希望がつまっておるのじゃ

アニメ「サクラクエスト」を観ました

この前まで観てたサクラダリセットとタイトル似てる。

けどもちろん全然違う話です。

そしてこれもすごくおもしろかった。

 

内容

就職活動に失敗しまくりの女の子が、たまたまある田舎の観光協会で1年間、チュパカブラ王国の国王をやることになる話。

国王と4人の大臣が、寂れた田舎町の再生に奮闘するとともに、いろいろ経験してそれぞれ大人になっていく。

それとともに田舎町に住む人々もなんとなく変わっていく。

 

前半は国王・大臣たちの個々の成長。

後半は町と住民たちの成長 という感じです。

 

全25話。

 

感想

すごく面白かった!

ぜひ見た方がいい作品です。

話は25話あって長いんですが、すっと観れちゃうと思いました。

 

これはですね、東京出身か否かで感想が変わるかもしれませんね。

ちなみにわたしは福島県出身です。

若者がいなくなりどんどん過疎っていく町。

かと言って住民たちは町を盛り上げることには消極的で、半ば諦めつつ細々と暮らす。

町には何もなくて、それがまたきれいだったり寂しかったり。

この辺の情景に共感できるかどうかで捉え方がきっと変わるのではないかと思いました。

 

田舎から出て、東京で普通じゃない暮らしがしたかった主人公。

なのにド田舎で1年も国王をやらされることになる。

最初はまあやる気もないんですが、徐々にその町が好きになり、町のためにあれやこれやと尽くすことになる と。

まあ大方の予想通り最終的にはみんなと仲良くなるんですが、最後はほんと感動します。

ふるさとってのはいいもんだよね。

ラストはうるうるしました。

 

国王、大臣4人はみんな女の子です。

女の子ばっかりで、うーんどうだろうと思いましたが、それぞれキャラが立っていてよかった。

それぞれの理由でこの田舎町に居て、それぞれ過去もあって、いろいろ乗り越えていく姿が、ベタですが感動します。

ちなみにわたしは、土方大臣のマキちゃんと、発明家?のドクというおじいさんを推します。

 

5人には観光協会から給料が出るんですが、うらやましい。

こんな仕事をして生活できたらいいよなあ。

わたしならよろこんで田舎に住みますね。

なんかノリが学園祭とかに近い。

楽しそうだなあ。

シャッターが目立つ商店街とか、Iターン・Vターン、市町村合併など、あーあるあるっていうネタが盛りだくさんです。

リアルな市の観光課とかも参考になるところが多少ある?

あれやこれやと町を盛り上げる策を試して、うまくいくとこちらも純粋に嬉しくなりますね。

ほんわかしました。

 

まとめ

ちょっと取っつき難いかなと最初は思いましたが、これおもしろいです。

地方出身の人にほど観てほしい。

Uターンしたくなっちゃうかも。

こんな仕事ないかなあ。

あと「薔薇が咲いちまった」という曲をちゃんと聞きたい。