子どもの躾 怒りたくないので怒らない

怒ってますか?

怒ることについて書こうと思いました。

 

うちでは娘に対してあまり怒りません。

まあわたしが何に対しても滅多に怒らないという性格なので、それもあります。

別にうまくいった話とかではないですが、ひとつのサンプルとしてうちの話をば。

息子は未だ小さすぎて未完成人なので、娘の話。

書き終わってから振り返ってみると、何が言いたいかよくわからん文章になりまちた。

 

誰のせいで怒ってるのよさ

どこに行っても、怒っている子連れのお母さんはいます。

怒りたくて怒ってる母親はまあ少ないでしょうから、大変だなと思います。

お父さんが怒ってるパターンもありますが、ちょっと少ないような。

一概には言えませんが、なんとなく母親が怒ってるのが多い傾向があるような。

 

優木まおみも、旦那が怒らないからしょうがなく怒ってるって言ってました。

怒らなきゃいけないときに怒ってくれないから、仕方がなく怒ってると。

なるほどね・・・

うちには当てはまらないと思いつつ、気になりますね。

 

大声だしてみたこともあったり

ちょっと前までは、躾ということで、ダメなことをやったときにはちょっと声を大きくしたりしてみてました。

小さいうちに厳しくすると後で楽、みたいな話もありますので。

こら!とか、分かった!?とか、そんな感じです。

 

結果としては、失敗してます。

なんか本人が、怒られてるってあんまり分かってないような・・・

そもそも「怒る」という感情を普段出してないわたしが、いきなり大きい声を出したところで、怒っていることが伝わらないんだわい。

どうしたんだろう くらいの不思議そうな顔をしてましたね。

夫婦で喧嘩もしないので、うちには怒りの感情が欠落しているんだよね。

 

やっぱり小さい時から怒っておかないと、いざ怒ったとしても伝わらないのかなと思います。

わたしの場合、伝わらなければ、「あ、じゃあいいか」くらいのもんで。

サーッと急冷してしまう。

まあそもそも別に頭にきてるわけでもないし。

という感じで、超COOL!なんですわい。

 

もちろん冷たいわけではなく、子どもとへらへらふざけたりします。

怒りで我を忘れて・・・というのがないです。

子どももそうなりそうな気がしますし、既にそんな感じが・・・

 

結局、教科書みたいになっちゃうけれど

子どもにも依るし、親子関係にも依りますが。

うちでは、普通に「ダメ」「それやめて」と言うのが一番効きます。

もちろん、笑いながらでは効かなくて、ちゃんと真面目な顔で。

目を見て。

おそらく表情が一番大事で、怒ってるぞ という表情で言うと効きます。

なんか育児本とかに書いてそうな内容ですが、諭すのが一番ってゆう・・・

家内に対しても同じ反応で、やっぱり表情を見て空気を読むようです。

笑ってるかどうか見てるような。

3歳にして既に空気を読む日本人とは。

 

どうしたって男女差あるよねきっと

わたしは男三人兄弟の真ん中ですが、わたしの母はよく「男の子は元気」と聞かされてました。

鉄拳制裁もやむなし と。

そんなにボコボコやられたわけじゃないですが、ゴンとかスパーンとかですね。

まあ経験者が言うんだから、男子はそうなんだろうきっと。

いまの時代、鉄拳制裁なんて賛否両論ありますが、三人とも大してグレもせず人並みに仕事して生きているので、結果オーライといったところでしょうか。

表情で分からせる なんて甘い対応は、女の子だから効くのかも。

うちにはもう一人サンプル(息子)がいるので、そういう意味で楽しみです。

男だからこう、というのは無いんでしょうが、傾向はあるよねきっと。

 

怒らないで済ませたいんだ何事も

そもそも怒るのってエネルギーがたくさん要ります。

まあまず仕事では怒らないですね。

子どものことなので怒ってみるかと思って怒りましたが、無意味だったらやらんわい。

 

うちは良くも悪くも怒られ慣れてないので、言えば聞いてくれるようになりました。

頭ごなしに押さえつけてない分、自分で我慢しているところがあるので、そこは要ケアと思います。

他人の表情をうかがって行動する子どもってやつ。

わたしは悪いことだとは全然思わない。

 

よーく観察しましょう

うちでは特に、お姉ちゃんだから とか お姉ちゃんなのに とかは絶対言わないようにしようと決めています。

先に産まれている分、長男長女というものは言わば先駆者。

いろいろ大変なこともあるでしょうし、まだ慣れてない親が試行錯誤して対応するぶん、損している部分が少なからずあると思います。

弟に我慢していることもあるしね。

表情を良く見て、娘が何を思っているのかよく見るようにしています。

だからきっと、表情を見て空気読むようになったんだろう。

そういう気遣いのできるところは、父親に似ています(ドヤア)。

 

顔が似てない分、どこか似てくれると嬉しいもんですわい。