父親がやる子どもの寝かしつけ 最初はプロレスでもいいじゃん

父親による子どもの寝かしつけ

子どもの寝かしつけ、母親しかうまくいかないなんてことありますよね?

パパいやだ!なんてよくある話です。

 

うちは今ではパパと娘・息子が一緒に寝るのも当然のようにありますが、娘のときに苦労したことがあったことを思い出しました。

パパいやだ、ママがいい! とね。

そこで開催された、寝かしつけプロレスについて書こうと思いました。

 

いま、ゴングが鳴り響く 寝かしつけプロレス

あれは確か娘が2歳前後だったころ。

当時、寝るときはママ というルーチンが出来上がっていました。

そりゃ確かに、寝るときにいつもいないし、ママがいるのになぜパパと一緒に寝ないといけないのかい、というところでしょう。

 

わかる、わかるよ。

しかしそこで考えました。

これってもしかして、何もしなければずっとこのままなんじゃないか・・・

これからもしばらくの間、寝るときに母親が必要になってしまうんじゃないか、と。

 

それは良くないと思いました。

別にわたしが寂しいわけではなく(ほんとだよ)、どんなに疲れててもやりたいことがあっても家内がやらねばならないようなことは、なるべく無い方が良い。

できれば夫婦どちらででも出来るようにしておくのが、わたしのポリシーです。

たぶん子どものためにもなるだろ。適当ですけど。

 

そうして、「今日は絶対にパパが寝かしつける」という決意のもと、寝かしつけプロレスのゴングが鳴り響いたのであった。

 

寝かしつけプロレスの内容

最初からプロレスをやろうとして始めたわけではないです。

 

最初は、「よし今日はパパと寝ようぜ」という感じで。

娘は、「えっ」という感じで。

 

あれ、意外と余裕でいけちゃう?と、寝室に入るまでは思いました。

暗い寝室に入った途端、娘は号泣。

「あ”あ”-ママがい”い”-!」の一点張りです。

手強い・・・

なにせ暴れる!殴る蹴るで何でもあり。

あまり夜遅くだと近所迷惑になるので、やるなら19, 20時くらいに。そのくらいならまだマシでしょう。

あまりに号泣が持続したため、ボクシングじゃないですがママからタオルが投げられました。「代わろうか?」と。

 

いやだめだ。

それが一番良くないやつだ。

ここで代わってもらっては、がんばって泣けばママが来てくれる という教育にしかなりません。

次はますます泣くでしょう。

 

投げられたタオルを突き返し、続けることおよそ1.5時間・・・

さすがに疲れて、娘は寝ました。

長かった・・・

子どもとはいえ、本気で逃げようとしているのを邪魔し、押さえて寝かせるのはしんどかった。

 

本気で戦った後は和解

うそのようですが、それからというもの、娘はわたしと一緒に寝てくれるようになりました。

こんなにはっきりしたきっかけだと、親としてやりがいがあります。

頭のよい子で助かるわー!どや!

やるなら徹底的にやるのがよいと思います。

泣いても喚いてもどうにもならないんだろうな と思ってくれないと、泣いてチャレンジしてきます。

うまくいった実績を作ると、次はもっとハードルが高くなりますので。

 

これ逆のことも同じで、がんばればなんとかうまくいくことを子どもに分かってもらえば、大変でもがんばってくれるようになるんじゃないかな と思います。

大人でもそうですよね。うまくいかないことが続くと心が折れる。

なので、わたしの基本方針はこんな感じです。

 

今となっては、娘に「今日はパパママどっちと寝る?」と指名してもらったりしています。

もちろん指名されない方が内心ガッツポーズでニヤリ。そこで解散です。

 

まとめ

子どもと向き合うときは、やるならやり切る・やらないならやらない ということで。

寝かしつけプロレスはあまりお勧めできませんが、方針はおすすめです。