アニメ「ようこそ実力至上主義の教室へ」 話が終わるまでひたすら爪を隠す能ある鷹

アニメ「ようこそ実力至上主義の教室へ」を観ました

まあまあでした。

なんか、もう一押しあるとよかった。

 

内容

進学・就職率100%の高校に入学した主人公が、落ちこぼればかりのクラスを陰ながらサポートして上を目指すんだか目指さないんだか という話。

「実力」というのは単に頭が良いということでもなく、日常生活での品行も加味されてクラスごとにポイントが付く。もちろん学力テストでもポイントが付く。

クラスはA, B, C, Dとあって、Aが一番上。ポイントをたくさん取っていくとAクラスに上がれるのやらなんやら。主人公・ヒロインは一番下のDクラス。

学力テストのほかにもいろいろイベントがあり、そこでもクラス対抗で争ってポイントを勝ち取っていく。

女の子は巨乳。

 

全12話。

 

感想

できるけどやらない系の主人公です。

そしていきなりですが、いまいち活躍しないまま最後までいきます。

陰ながら、鮮やかにサポートしつつ、自分は目立たないように功績はヒロインや他のクラスメイトに譲るという、まあ今時の主人公。

それはいいだろう。

しかし、爪を隠し続けたまま話が終わっちゃうのはどうなのか!

頭が良いのにわざと51点とったり、格闘技ができそうなのにそこそこに流したり・・・

最後も、まあ主人公のおかげでどんでん返しがあるにはあるが、そんなに大した活躍でもなく・・・

周りのキャラがいまいち凄味がなくて、そもそも主人公にすごい実力がある感がない感。

 

ヒロインはといえば、

黒髪美人だけど性格が悪くてボッチ、最初はできの悪い生徒を積極的に切り捨てようとするハイパーツン。

でも主人公がクラスメイトと仲良くできるようにサポートして、だんだんうちとけていく的な。

いや違うだろう。

早くデレろ!話が終わってしまう!

みんなそう思いながら観るんじゃないでしょうか。

最後まで十分にデレることなく、不完全燃焼のまま終焉。

2期か、そうなのか!?

2期でデレなかったら許さんぞ・・・

 

そして、マジで「実力」とは何かよくわかりません。

出題者の意図を読み取る能力?相手の行動を読む能力?

「実力」がよくわからないので、至上主義と言われても、実力を至上としているのか否か判別できませんでした。

そしてまさかのクラス連帯責任。別にいいけど、実力があってもクラスメイトがダメだとダメなので至上主義に反するような・・・

これってもしかしてギャグアニメ?だとしたらこれはこれでいいのかも。真面目なギャグアニメ(?)な気がしてきましたね。

ちなみに一瞬だけ格闘アニメ化しますが、一瞬で終わります。

暴力反対!

格闘路線でもわたしは許した。

 

女の子の描写がとてもいい!フヒヒ

でもおっぱいはでかけりゃいいってものではない。

胸の不要な強調はマイナスなんだよ!

肝に銘じてほしい。

 

まとめ

まあまあなので、2期に期待。

いいか、絶対にデレろよ、もう待てんぞ・・・

 

 

ようこそ実力至上主義の教室へ 第1巻( イベントチケット優先販売申込券 ) [Blu-ray]

ようこそ実力至上主義の教室へ 第1巻( イベントチケット優先販売申込券 ) [Blu-ray]