アニメ「バチカン奇跡調査官」 奇跡といいつつ謎解き要素強め

アニメ「バチカン奇跡調査官」を観ました

まあまあでした。

宗教色が強いです。

 

内容

世界中の奇跡を調査する二人の神父が、いろんな場所に行って奇跡を調査する話。

頭が良くて科学的な平賀神父、古文書と暗号解読が得意なロベルト神父の二人が主人公。

バチカンだし神父なので宗教色が強く、奇跡の内容もキリスト像やらマリア像やら神やら悪魔やら。

 

全12話。

 

感想

まず、わたしはキリスト教徒ではありません。

純粋にこのアニメの感想ですが、なんというかまじめな話でした。

奇跡といいつつ結構科学的なオチが多く、ゴッドパワーとか出てきません。

そして何より、全くふざけない。

おふざけシーンが無いアニメを久々に見た気がします。

いやおちゃらけてるのかもしれませんが、品が良すぎて笑えません。

これは笑えないから面白くないということではなく、そういう世界観ということ。

 

流れとしては、奇跡というか事件が起きて、バチカンに奇跡認定の申請が来る。

で二人が現地に赴き、その事象が本物の奇跡かどうかを調査。

ネタバレっちゃネタバレですが、奇跡が認定されることはなく、いつも科学的に根拠のある現象というオチ。

もちろん淡々と調査するだけでは話にならないので・・・

いつもなにかしらの刑事事件が絡み、純粋に奇跡の調査だけに留まらず。

神父である二人が奇跡以外の調査に精を出し、結果として奇跡も調査できる という感じ。

 

いろんな要素が絡み合って一つの奇跡になっているので、謎解き要素があって飽きないです。

得意分野が異なる二人の活躍ぶりが良い。

種明かしが科学的にどうかという点は微妙ですが、特に無理やりな感じもないので、不満はないかな、と。

ただ、全12話のうち、調査する奇跡は3つ?くらい。

ひとつひとつの謎が深いということですが、正直少ないと思った。

でも1奇跡/回のペースで片付けられると、奇跡が軽くなっちゃうので、それはそれで嫌だけど・・・

かと言ってもっと続いた方がいいかと言うと、そうでもないような・・・

なやましい。

 

程度は全然なんでしょうけど、これってBLやん?

随所にそれっぽいシーンがありますし、絵柄がね。

なので、女の子いません。

 

まとめ

女の子でてきませんが、謎解きはけっこう面白い。

 

 

バチカン奇跡調査官 第1巻【限定版】 [Blu-ray]

バチカン奇跡調査官 第1巻【限定版】 [Blu-ray]