アニメ「RWBY」 良くも悪くもアメリカざんまい

アニメ「RWBY」を観ました。

たぶんタイトルもルビーって読みますね。

主人公もルビーちゃんです。

 

内容は、うーんいまいち!

絵がね・・・

 

内容

普通の世界 + 魔法の世界観。

主人公の女の子「ルビー」が、「グリム」というモンスターに対抗する「ハンター」になることを目指して頑張る話。

ハンターの学校「ビーコン アカデミー」でいろいろとごにょごにょする。

 

世界には、普通の人、猫耳などの獣人「ファウナス」、グリムという感じでだいたい構成されている。

グリムは負の感情に呼び寄せられる天災みたいな。

獣人へは差別意識があって、普通の人といざこざがある。

 

みんなそれぞれ自分の武器を持ち、個性によって特殊能力「センブランス」を持つ。

ルビーは鎌。

 

12話でVOLUME1-3(らしい)。

 

感想

絵が・・・エガアアアアアアアア!!!!!

プレステとプレステ2の間くらい?

全編、3DCGでトゥーンレンダリングぽいんですけど、なんかちゃっちい。

そして動きが速いからすごく観にくい。

動きが速いのと迫力があるのは違うと思います。

戦闘シーンは激しくバシバシやりあいます。

動きは速いんですが、いまいち迫力がないんだよなあ。

なんだろ、物が多すぎるのかなあ。

わちゃわちゃやってるのを遠くで観てる感覚でした。

 

あと、これは文化の違いもあるのかもしれませんが、説明が少ない。

まず1話で、あれこれもしかして2期から観始めちゃったかしら と思った。

でも公式サイトを見ると、自分が観たあらすじと合ってるじゃーないですか。

ちゃんと物語の始まりから観たのに、もっと前に何かあるのではないかと思わせるとは、さすがやでえ!

VOLUME1-3も、明確に切れ目があるわけではない(と思った)ので、どっからどこまでが1, 2, 3なのかわからん。

DVD/BD的な切れ目のこと?

専門用語についても同じで、当然のようにみんな使います。

ファウナス?なんだっけ?ってなもんです。

わたしが空気読める系じゃなければやられていた。

 

みんなボケてボケっぱなしなのはアメリカだからですかね。

あんまり詳しくないですが、アメリカのホームドラマ的なノリがあります。

サンダーマン的な。

 

グリムは、ワンパターンなのはまあいい。

しかし、すごくでかいやつも、やっぱ迫力がない。

軽そうに見えるんだよなあ。

剣とか鎌でざぶざぶ切っても傷つかないしね。規制?

 

武器・センブランスは個性があって良い。

説明がないので、どの能力がセンブランスなのか分からなかったけど、武器は良い。

鎌と銃の二段変形って男のロマンある。

主人公の武器に鎌ってちょっと珍しい?なぜかロックマンX4のシグマを思い出した。

 

声優のことは大して詳しくないんですが、なんか豪華な気がする。

あと公式サイトの物販がやけに充実してる。

これは何やら大人パワーのかほりがします。

 

まとめ

他のアニメと文化がまるで違うので、そういう面白さでした。

最初は正直我慢してましたが・・・絵も慣れれば観れます。

しかし、今後だらだら続くとなると、すみませんがもう観ないかも!

アイムソーリーヒゲソーリー

 

 

RWBY VOLUME 1-3 Blu-ray SET<初回仕様版>

RWBY VOLUME 1-3 Blu-ray SET<初回仕様版>

 

 

広告