聖域としてのベビーサークル

せっかくベビーがいるので、ベビーサークルの話をしたいと思います。

今だけだものね。

 

 

ベビーサークルってなんぞ

わたしは良く知らなかったんですが、要するに、檻ですね。

f:id:hircos:20180207052506p:plain

けだもの!罪人!

10ヶ月の息子はどっちですか?どっちもですか?

 

うちは一人目のときにはベビサー(って略するんですか?)使わなかった。

一人だったらなんとかなる。

でも二人目だと、何ともならんときがあるので、買いました。

トイレ行く時とか、料理するときとか、閉じ込めておける(言い方!)といいかと思いまして。

 

 

ソフトベビーサークル

ソフトだけど値段がセミハード。

サークルじゃねえ。ベビーヘキサゴンです。

 

決め手は、

・ソフトなので捨てやすそう

・軽そう

・大きすぎず、ちょうど良さそう

みたいな感じです。

 

捨てやすそう ってのが大事だと思うんですよね。

こういうのはどうせいつか捨てるので、粗大ゴミとかになるとめんどくさい。

切り刻んで普通に捨てられるのがおすすめです。

うちはわたしがゴミ捨て大臣です。

 

ちなみに↑上のやつだと、床部分は薄い布一枚。

硬いし寒いです。

けだもの・罪人に恩情をかけるのであれば、ジョイントマットとかあったほうがよいです。

↑参考までに。

適当に貼りましたが、何枚必要だったかわかんないや。形に合わせて切り刻んだし。

4枚じゃ足りないでしょうな。

 

 

大人しく入るもんじゃねえ

けだもの・罪人は、大人しく檻に入るものではありません。

最初は良くても、まあ狭いのですぐ飽きちゃう。

おもちゃと一緒に投獄したところで同じです。

周りがメッシュなので閉塞感は無いと思うんですが、ずーっと入っていられるようなもんじゃないです。やっぱそういうもんなの?

 

 

子どもの国を建国した

ということで、使い方を変えました。

一番入っててほしいけだもの・罪人が入ってくれないので、一番触ってほしくないものを入れておくことにした。

シルバニアの小物とか、触らせたら絶対に飲み込む系のやつ。

 

それらを突っ込み、入口を塞げば、あら不思議!

邪なものを寄せ付けない聖域の出来上がりです。

うちではこれを「子どもの国」と呼んでいます。

 

その国には治外法権が適用され、散らかしておくことが許容されている。

娘が所有する細かい物がブッ散らかっております。

4歳にしてプライベート空間を与えられるなんて、うらやましいやつ!

 

こうして平和は守られた。

うちのけだもの・罪人は聖域に入ることなく、広大な領土で放牧されている。

そして使用後のしゃもじをしゃぶるのであった。

人は罪を重ねてゆく。

 

 

まとめ

ベビーサークルはベビーを締め出すのに使うのもありかもよ という話でした。

締め出されたベビーは逆に入りたがるんですけどね。

あとわたしのまねをして、娘が息子を「くさくさうんこマン」と呼ぶので、そういうのは本当に良くないと思います。

広告