アニメ「キノの旅」 以前アニメ化されたやつと比べちゃう

アニメ「キノの旅」を観ました。

 

まあまあ面白かった。

昔より今風になってるのはちょっといまいち!

 

 

 

内容

主人公の女の子「キノ」と、しゃべるバイク「エルメス」が、旅をする話。

道中、いろんな国に滞在し、それぞれの国の個性・特性に関する出来事が起こる。

各回はあんまり繋がっておらず、オムニバス形式みたいになっている。

だいたい1話の中に1つの国が出てくる。

 

原作はライトノベル。

2003年にもアニメ化されている。

 

全12話。

 

 

 

感想

まあまあだった!

2003年にアニメ化されてるやつを観てるので、なんかそれと比べてしまいました。

 

画・音楽

画が媚びてる!

昔は男だか女だかよく分からない感じだったんですけど、今回のキノは明らかにかわいい女の子!

絵柄も今風?っていうんですかね、なんか良くも悪くも普通のアニメって感じになってます。

 

OP/EDですが、これも普通!

いや普通に良いのは良いんですけど、世界観と合ってるかっていうと微妙だなとわたしは思います。

めちゃくちゃ爽やかーなんですけど、やっぱもっと不気味な感じがいいよー。

そういえば、最近はなにかと、やなぎなぎっていうアーチストです。

流行ってる?ちょっと耳にし過ぎてる感あるで。

 

ストーリー

なにかと昔のやつと比べてすみませんですが、不気味な感じが無くなって、なんとなく万人受けしそうな流れになったような気がします。

キノだけじゃなくて、イケメン出したりクールビューティなキノの師匠を出したり。

もっとこう、星新一っぽいほうがわたしは好きですね。

それぞれの国で暮らす人たちが旅人であるキノに対して、それぞれの風習でぶち当たってくる天災的な?自然現象的な?怖さみたいなものがいまいち無かったです。

「この国こわっ、どうしようもねえな」感がもっと欲しかった。

昔のやつを観てなかったら、感想は大きく変わってたでしょうな。

逆に昔のやつ観てなければ、ぜひお勧めです。

なんでこんな危なくて不気味な感じの世界を旅なんてしてるんだろう的な印象でしたが、今回は楽しそうな旅です。

 

いや面白いんですけどね?

でもやっぱちょっと普通すぎるかなあ。

いや普通に面白いんですけどね。

 

そういえば、バイクは何の説明もなく普通に話します。

エルメスだけじゃなくて、バイクはだいたいみんなしゃべれます。

女の子とバイクっていう組み合わせがいいっすよね。

なんとなくちょっとバイクに乗りたくなる。

 

 

 

まとめ

アニメ「キノの旅」はまあまあでした。

ぜひ2003年のやつも観てみてください!

そっちはそっちで絵柄のクセが強いけど、きっと楽しめると思います。

 

 

『電波の国』

『電波の国』

 

 

here and there

here and there

  • やなぎなぎ
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

広告