アニメ「時間の支配者」 異能力バトル系と思いきやバトル少ない

アニメ「時間の支配者」を観ました。

 

おもしろくなかった!

 

 

 

内容

人の時間を喰う「計(けい)」というモンスターと、異能力者たち「クロノスルーラー」が戦う話。

主人公「ヴィクト」と「霧」はクロノスルーラーで、「時の契り」というデバイスを使って時間を操り、計と戦う。

実はヴィクトは霧の父親で、計に時間を喰われて若返っていて、二人は同い年くらいの見た目。ヴィクトの喰われた時間を取り戻すために二人で計と戦う。

 

全13話。

 

 

 

感想

これはおもしろくない!

13話がすごく長かったです。

 

ストーリー

話の流れが、脈絡がないことが多々あります。

力を入れるところがちょっとずれてるというか。

炎とか水とかの時間を操って?戦う異能力バトル系なんですけど、バトルシーンがちょっとしょぼいのと、バトルシーンで回想を挿入して流れをぶった切る潔さ。

あかんて!

そしてどうでもいいシーンに時間をかける。

こ、これがクロノスルーラーの力なのかー!

 

あと後半の方は長らくヴィクトがへこみっぱなしで、なんかちょっとつまんない・・・

元気がなくなって、もにょもにょする話が長い!

 

それと、これは盛大にネタバレなんですけど、けっきょくボス倒せません。

「おれたちの未来はこれからだぜ!」つって。

まあ最後の方、急にペース落ちるので予想通りですけど・・・

ストーリーがなんだかいまいち。

 

設定

なんか設定もぐずぐずなんだよなあ。

クロノスルーラーはそれぞれ、何かしらの媒体の時間を操れる能力があり、水とか炎とかの媒体の時間を加速・減速できる、と。

トランプを減速すると盾になるし、水を加速して弾丸みたいにできる、と。

でも拳から炎がゴーっと出たり、風を足場にして宙に浮いたり、だんだんやりたい放題になってくる。

あかんて!

トランプを武器にするのはFF6のセッツァー以外は認めません。

たいしてギャンブラーでもないくせに!

 

そして、計は計で、人の時間をたくさん喰った計は人間に近くなる、と。

で、強い計は口とか手からビームが出る、と。

それBLEACHやでー!

ホロウも強いやつは人みたいになるし、セロっていうビーム出すやん?

あかんて!

さすがにヴィクトが卍解することはありませんでしたが、霧はだんだん石田に見えてきます。

 

画・音楽

ヴィクトの顔がちょっとぶれる気がしましたが、まあ普通です。

EDがやなぎなぎで、いい曲でした。

EDが一番よかった!

でもやなぎなぎ出すぎ!

でもいい声!

 

 

まとめ

アニメ「時間の支配者」がおもしろくなかった話でした。すみません。

やっぱ時間って題材はむずかしいよね。

 

存在と虚無

存在と虚無

 

  

時間は窓の向こう側

時間は窓の向こう側

  • やなぎなぎ
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

広告