買い物リストをiPhoneのリマインダーで共有してる話

買い物リストの共有ってどうしてますか。

うちでは、iOS標準アプリ「リマインダー」を使っています。

今さら感ありますけど、知らなかったら参考にしてもらいたいです。

 

 

 

買い物リストを共有したい

うちは、夫婦どちらも単体で買い物をすることがあります。

買い物というのは、スーパーなどで日用品・食材を買う という意味です。

 

牛乳とかティッシュとか、そろそろ買わなきゃというときにメモしますよね。

夫婦どちらが先に買出しにいくか分からないので、買い物リストを共有したかったのです。

 

TODOリスト管理アプリを探したこともありましたが、そもそも最初からiPhoneに入っている「リマインダー」を使えばええやん という結論に達しました。

多機能である必要はなかったし、純正なので何となく同期とかしっかりしてる感じだし、広告とかないし。

 

純正アプリをわざわざ説明するのもどうかと思いますが、まあいいじゃないですか。

 

 

 

リストの作成と共有のやり方

1. 新しくリストを作成

f:id:hircos:20180224001844p:plain

リマインダーを開き、上部の「+」ボタンを押す。

リマインダーかリストを新規に作成できるので、「リスト」を選択。

 

 

2. 共有の設定

f:id:hircos:20180224001902p:plain

リストを作成したら、上部の「編集」ボタンを押す。

 

 

f:id:hircos:20180224001914p:plain

カラーと共有の設定が選べる。

「共有」を選択。

 

 

3.  共有する相手を選ぶ

f:id:hircos:20180224001923p:plain

「参加者を追加」を押す。

 

 

f:id:hircos:20180224002120p:plain

共有対象者を追加する画面になる。

「+」ボタンを押し、連絡先から共有対象者を選ぶ。

複数人でも大丈夫。

できたら最後に、上部の「追加」を押す。

 

 

4. 共有対象者の参加を待つ

f:id:hircos:20180224002133p:plain

共有する人を選んで追加すると、↑上の画面のように「保留中」になります。

こうなると、相手に通知が飛びます。

「なにがしさんがリストを共有したがってます」的な。

ですので、相手が参加するのを待ちます。

いつまでも参加しなければ、つまりそういうことですので察しましょう。

 

5. 完成

ということで、これで共有リストが作成できました。

あとはリストに対して何か追加すれば、共有者全員が見れることになります。

 

通信状況に依るかもしれませんが、リストに項目を追加した後になかなか同期されない といったことも発生せず、快適に使用できています。

買った後にチェックを付ければ、それも同期されて非表示になります。

もちろんTODOリストなどとしても使えます。使い方無限大 yeah。

 

ごちゃごちゃと画像を貼りましたが、手順は簡単です。

こんなもの読まなくたってできますよ!チクショウ!

アプリもシンプル設計で使いやすい!

これはいいものです。

 

 

 

まとめ

iPhoneにもともと入ってるリマインダーアプリをドヤ顔で紹介しました。

 

「純正アプリ使うなんてだせえよ・・・」

「おれはイカしたナウいアプリを使いてえんだ・・・」

なんてこと言わず、ぜひ試してみてもらいたいです。

 

「子ども連れてひとりで買い物なんて行けないでちゅ・・・」

なんて言うパパは、アプリうんぬんの前にまずは初めてのおつかいからでちゅ。

なぜかパパを煽っていくスタイルです。

 

広告