モバイルバッテリー ANKER PowerCore 10000 もうちょっと小さくてもいいかも

みんな大好き モバイルバッテリーを紹介したいです。

 

最近では誰でも彼でもモバイルバッテリーを持つ時代ですね。

商品の種類も豊富で、もうどれがいいんだか分からなくなりがち。

なもんで、実際にわたしが使ってるやつを紹介して、参考にしてもらおうというわけ。

 

 

 

ANKER PowerCore 10000

f:id:hircos:20180225230428j:plain

わたしが使っているのは、ANKER PowerCore 10000。

モバイルバッテリーはANKERが多い気がする。

わたしもその波に呑まれた一人です。

 

所感をば。

・かっこいい

・機能がシンプル

・Input / Output はひとつずつ

・持ち運びには重い

 

かっこいい

↑上の写真みました?

かっこいいでしょう。

シンプルでつるんとしてるのがいいんですよ。

ANKERの文字も、目立たず、でもいいアクセント!

漆黒の闇ブラックがまたいいんですよ。

 

機能がシンプル

モバイルバッテリーって謎のLEDライトが付いてたりしませんか。

キーホルダーとかでよくある、やたら明るいやつね。

なんで?誰が使うの?

そういう余計なのは付いてません。

辛うじてボタンがひとつ付いてます。

f:id:hircos:20180225230435j:plain

押すと電池残量に応じて、4つのLEDが点灯します。

ボタンは「カチッ」と硬い押し心地!

充電中にもLEDは光るし、あんまり押さないです。

 

Input / Output はひとつずつ

f:id:hircos:20180225230441j:plain

まあInputがひとつってのはいいとして。

必ず議題になるOutputポート数問題。

PowerCore 10000は1つです。

モバイルバッテリーを使うシーンとして、「外出先でちょっとだけ充電」って感じなんですよね、わたしの場合。

2つ以上の機器を同時に充電したい、というシーンが無いです。

それに備えて大きなやつを持ち歩くのはナンセンスだと思うんですよね。

急速充電 2.4Aにも対応してるし、十分でしょう。

ちなみにInputも2A吸うので、このバッテリーの充電にかかる時間も短めで済むのはいい点だと思います。

容量が10000mAhもあるので、充電も大変さ。

 

持ち運びには重い

いろいろ褒めましたが、はっきり言って持ち運びには重い。

180gだそうで。

公式ページによると、たまご3つ分だってさ。

たまごって思ってたより重い!

f:id:hircos:20180225230517p:plain

Mのたまご換算みたいです。

同じたまごでも結構違うもんですね。

サイズ分けも細かいのう。

たまごはまあいいとして、通勤リュックにこれがずーっと入りっぱなしなんですけど、肩がこるんですよね。

180gで肩がこってるわけではなくて、弁当とか全部含めた荷物のせいなんですけど、毎日持ち運ぶことを考えたらやっぱり1gだって軽い方がいいわけで。

肩がこった状態でこのPowerCore 10000を持つと、なーんか見た目より重いわけです。

いざというときにしか使わないくせに、だぜ?

急に憎くなってくるんだ。

 

 

これから買うならば

モバイルバッテリーってのはモバイルしてなんぼ。

「スマホを3回充電できます!」とか、過剰だと思うんですよね。

遠くに旅に出るならともかく、普段はそんなに要らん。

 

そこでこれ!

80gだって!

いいっすね!

3350mAhくらいで十分だって!な?

 

 

 

まとめ

いま使ってるモバイルバッテリと、いま欲しいモバイルバッテリの話でした。

成長著しい分野なので買う直前にチェケラする必要がありますが、選び方とか参考になればマンモスうれぴーです。

これってうれピーが正しいですか?どうでもいいですか?

 

 

広告