ドライヤーホルダー 山崎実業 ウォールドライヤーホルダー ボーテス ホワイト 7584 吸盤がダメだった

わたしはドライヤーの収納について考えています。

 

ドライヤーって、ほぼ毎日使うものですよね。

しかし、けっこうでかいし、コードは長いし、なんとか邪魔にならないようにどこかにしまいたいと考えています。

 

毎日使うものなので、いちいちコードを束ねるのは面倒。

さっと取り出せるけど、目障りにならない。

そんな収納方法を模索した結果、ドライヤーホルダーなるものを見つけたので紹介します。

 

結論は、いまいち!

 

 

 

山崎実業 ウォールドライヤーホルダー ボーテス ホワイト 7584

どこまでが商品名なのかしら。

f:id:hircos:20180226235349j:plain

その名のとおり、ドライヤーを壁にホールドするための商品です。

要件にぴったりの商品があるもんですね。

あたしゃ知りませんでしたよ。

山崎実業 ウォールドライヤーホルダー ボーテス ホワイト 7584

山崎実業 ウォールドライヤーホルダー ボーテス ホワイト 7584

 

 

所感をば。

・スチールで安っぽくない

・さっと突っ込みやすく取りやすい

・熱くても大丈夫そう

・吸盤がいまいち

 

スチールで安っぽくない

写真で分かるか分かりませんが、材質はプラスティックではないのです。

スティール。

重厚感があります。

こういうのって100均感があるとがっかりしません?

質感は大事です。

結局は好みだけどさ!

まあ分からんけど、もうちょっとかっこよかったら良かったよな。

分からんけどさ。

 

ちなみに内側には傷防止的なクッション的なものが付いてる的な?

縁はスチールむき出しなので、傷は完全に防げないと思います。

傷も味になる的な?

 

さっと突っ込みやすく取りやすい

うちのドライヤーは結構大きいんですが、それでも少し余裕があります。

よっぽど大きくなければ大丈夫だと思います。

なので、そのままガッと突っ込めます。

取り出すときもサッとね。

ガッ、サッ、ツッ でも大丈夫!っつってね。

ダジャレにわざわざ文字色つけるの恥ずかしいですねこれ・・・

ま、後述しますが、吸盤がダメなので、あんまり乱暴にガッと突っ込むとポロリするんですけどね。

 

熱くても大丈夫そう

大丈夫「そう」というのは、耐熱スペックが見当たらないので。

スチールだし、なんか大丈夫そう。

そもそも使用後のドライヤーがそんなに熱くなるのか、もしプラスチックだったら溶けるのか、という点はなんとも・・・

スチールの安心感!

絶対に推奨されてないと思いますが、角度を調整すれば手放しでドライヤーをホールドできるんじゃないですか、もしかして。

角度変えられないし、やめておいた方がいいと思うけれども。

 

吸盤がいまいち

ま、何を言ったところで、吸盤がいまいちなのでダメです。

二つの吸盤で固定するんですが、まー付けにくいのなんのってさ!

吸盤を先に付けてから本体を取り付ける感じなんですが、まー付けにくい!

そして写真のとおり、上部がちょっと浮く。

美しくない・・・

何度かがんばりましたが、浮く。

すごい気になる・・・

 

そして、二つの吸盤のうち上のやつが剥がれがち。

重心の関係で、上の吸盤に力がかかるのかも。

一応、1kgまで耐えられるそうです。どうだろ・・・

 

ちなみに、木ネジも付属してます。

壁に木ネジをぶち込む勇気はまだわたしにはありません。

みんなだってそうやろ?

ネジって、一大決心でしょう?

でもそのくらい固定できたら、かなり良いと思います。

 

ちなみにちなみに、洗面台の収納扉に引っかけるタイプもあります。

これだったら吸盤問題は発生しないね!

山崎実業 ドライヤーホルダー ボーテス ホワイト 7581

山崎実業 ドライヤーホルダー ボーテス ホワイト 7581

 

なんでこっちにしなかったかと言うと、

・約1歳の息子がぜったい引っ張るから

・ドライヤーの収納位置としては低過ぎるから

・横にしょっちゅうずれて、イラッとする未来が見えた

という理由です。

ぜひ参考に。

 

 

 

まとめ

ドライヤーホルダーがいまいちだった話でした。

この商品は人類には早過ぎました。

上から目線ですみませんが、もうちょっと工夫が必要だと思います。

 

そして気付くだろう。

そもそも見えるところに収納すること自体が気に食わねえ、と。

収納ってむずかしいんだわさ。

 

広告