アニメ「血界戦線&BEYOND」 異能力だけじゃない異能力バトルもの

アニメ「血界戦線&BEYOND」を観ました。

 

面白かった!

これは2期で、1期を未だ観てないんですけど、それでも面白く観れた。

 

 

 

内容

現世と異世界を繋ぐ街「ヘルサレムズ・ロット」、

そこでは人間とそれ以外が同居し、犯罪多発の無法地帯となっている。

日々頻発する騒動をこっそり解決する秘密結社「ライブラ」のメンバーである主人公「レオナルド・ウォッチ(レオ)」がいろんな事件に巻き込まれる話。

 

ライブラのメンバーは全員が異能力者。

これは必殺技の名前を叫んでから繰り出す異能力バトルもの。

レオは「神々の義眼」を持っていて、誰かの視覚情報を読み取ったりできるが、バトル向きではなく敵を倒したりはあんまりない。

 

物語は緩やかに進んではいるが、オムニバス形式。

 

全12話。

 

 

 

感想

原作はジャンプかあ と思いましたが、面白かったです。

 

異能力について

本来の敵「ブラッドブリード」はまあ吸血鬼みたいなやつですが、ライブラの異能力者がバシバシとブラッドブリードを倒すわけではないです。

ブラッドブリードの方がどうしようもなく強く、異世界には強いのがごろごろいて、たまに現世に出てきちゃうやつをなんとか頑張って倒す。

異能力バトルにしてはギリギリな感じが、単調にならなくてよいなと思います。

ゴムゴムもいいんですけどね。

 

 

主人公について

主人公レオは弱いです。

ゴムゴムの・・・とか必殺技は無い。

敵の諱(いみな)を特殊能力で読み取り、それを味方の強い人にスマホで送信し、封印してもらう、という戦い方。

レオは語り部的な位置付けで、バシバシと戦うのは周りのメンバーっていう構成です。

目からビームとかは出ない。

周りがかっこいいので主人公が弱くても大丈夫!

 

ちなみに神々の義眼が発動するときの音が、サマーウォーズのラブマシーンが何かする時の音と同じなんですけど、この音すごい好きです。

 

 

世界観・音楽について

ヘルサレムズ・ロットはもともとニューヨークだったので、情景はアメリカンです。

気軽に脳みそとか飛び出るグロポップ。そんなにグロじゃないです。

音楽も世界観とマッチしてて、ちゃんとしてる感じです。

OP/EDがいいアニメはいい。

EDは間違いない。

 

 

 

まとめ

異能力で押し切らない異能力ものはちょっと珍しくて面白かった。

いつか1期も観たい!

 

Day In Day Out

Day In Day Out

 

 

fake town baby

fake town baby

  • UNISON SQUARE GARDEN
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ステップアップLOVE

ステップアップLOVE

  • DAOKO×岡村靖幸
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

広告