アニメ「からかい上手の高木さん」 こんなの良いに決まってる

アニメ「からかい上手の高木さん」を観ました。

 

素晴らしい。

こんなのいいに決まってる。

 

 

 

内容

主人公「西片」は中学1年生。

隣の席は「高木さん」。

西片が高木さんにひたすらからかわれる。

西片は何とか高木さんを恥ずかしがらせたいが、逆にひたすらかわかわれる。

 

全12話。

 

 

 

感想

内容の記載が少ないですが・・・

すごく良かったです。

 

高木さんがかわいい

この作品の良さのうち6~7割は、高木さんがかわいいことによるものです。

高木さんかわいい!

西片をからかったり思わせぶりなことを言って恥ずかしがらせたりして笑ってるけど、実は西片のことが好きみたいな感じで・・・

ずるいです。

こんなの良いに決まってます。

 

 

西片がいいやつ

高木さんのかわいさ以外の作品の良さは、ほとんど西片のいいやつさです。

というよりも、話はほとんど二人しか出てきません。

授業中もずーっと二人で話してるし、帰りも二人、登校も二人だったり。

何なら夏休み中も二人。

西片はずーっとからかわれっぱなしでほとんど反撃できないんですが、何かといいやつで良い気分になります。

余計なネガティブさもないし、良い気分になるんだよなあ。

 

 

ストーリーについて

ほとんどの話は、西片と高木さんにあった出来事ごとにまとめられてます。

西片が作戦を思い付く → 高木さんに返り討ちにあう

という流れでほとんどワンパターン。

衣替えがあったり夏休みになったり時間は流れますが、パターンは変わらず。

 

さらに二人の関係ですが、高木さんはストレートに好意を伝えますが、西片はすごい鈍感だし疑り深いしで、関係はほとんど進展しません。

 

しかし前述のとおり、ストーリーがワンパターンでも面白かった。

逆にこれでよかったなと思います。

 

 

 

まとめ

アニメ「からかい上手の高木さん」を観た感想でした。

原作は漫画だそうですが、読みたい!

ちょっとアニメが好きすぎたから、落ち付いてから読もう。

 

 

「席替え」ほか

「席替え」ほか

 

 

広告