布巾は古い。ダスターがナウい。

「ダスター」って一般的な単語ですか。

うちは布巾じゃなくてダスターを使っています。

今日はダスターの話だよ。

 

 

 

ダスターってなんだすたー?

ダスターってのは、よく飲食店とかで使われている、薄手の布巾みたいなやつです。

見たら分かるかも。分からないかも。

f:id:hircos:20180423222815j:plain

こんなやつ。

 

 

 

なんでダスターか

どうして布巾じゃなくてダスターを使っているか。

家内が、ダスターの方が良いと申すからです。

 

布巾って繰り返し何度も使ってると、どうしても汚れてくる。

漂白するっていう手もありますが、それでも落ち切らない。

そして、ぼろぼろになってくる。

 

ならば、安い布をどんどん使い捨てた方が、精神安定上も経済的にもいいのではないか、という流れでした。

なるほどねえ。

わたしはもともと布巾派で、まあ天日干ししたり漂白したりしてましたけど、確かに使い捨てた方が断然楽ですね。

 

 

 

ダスターの良いところ

使い捨てが楽ちん

上で書いたとおり、やっぱ使い捨ては楽ちん。

捨てる前にコンロ拭いたり雑巾みたいにしたりします。

ただわたしは貧乏性なので、捨てるのはもっぱら家内です。

いくらぼろぼろになっても使い続けるので、わたし一人だったら布巾のときとさほど変わらないかもしれん。

間違えて二つ出しちゃったときとか、よっぽどぼろぼろにならない限りは捨てられぬ。

 

薄いのですぐ乾く

すべてのダスターがこういうもんなのか分かりませんが、すぐ乾きます。

風呂上がりの髪の毛もそうですが、こういうのは雑菌が繁殖する時間をいかに短くするかの勝負です。

速乾は正義。

ちょっとひらひらさせたら一瞬で乾きます。

家内はくちゃっと丸めて置いておくことが多々ありますが、それでも大して臭わない。

でもちゃんと広げて干した方がいいと思うよいやなんでもないです。

 

 

 

ダスターの良くないところ

すぐぼろぼろになる

生地が薄いので、すぐにぼろぼろになります。

ちょっとコンロとかに引っ掛かると穴が開く。

そこから裂ける。

長所をひっくり返すと短所になります。

やっぱり布巾ほどは長持ちしません。

そのぶん値段は安いですが。

 

水気を吸わない

生地が薄いというのもありますが、たいして水気を吸わない。

何かこぼした時に使うと、何度も絞ることになります。

これは慣れる必要あります。

よく絞らないまま机を拭くと、びっちゃびちゃになります。

 

 

 

検討ください

ということでダスターの話でした。

こういうのは使う人が複数いる場合、相談して妥協点を探りますよね。

わたしも何かと言いたがるので家内は面倒だと思ってるかもしれません。

わたしは布巾に何の思い入れもなかったので、ダスターを使っています。

 

 

 

広告