アニメ「坂道のアポロン」 ジャズと恋と友情

アニメ「坂道のアポロン」を観ました。

 

すごく面白いので観た方がいいです。

通勤中に観たんですけど、泣くの我慢するの大変でした。

 

 

 

内容

男女三人が、ジャズに夢中になったり恋したりする話。

 

1960年代後半、九州。

メインは横須賀から九州に引っ越してきた主人公「西見 薫(ボン)」と、クラスメイトの不良「川渕 千太郎」、千太郎の幼馴染「迎 律子(りっちゃん)」の三人。

 

薫は頭が良くて根暗、クラシックピアノが上手。

母親がいなかったり、家庭にいろいろ事情がある。

家庭の事情で、九州の叔父の家に居候。

金持ちのボンボンなので、ボン。

 

千太郎は不良、ドラム担当。

貧乏。兄弟が多い。こっちもいろいろ事情がある。

薫と正反対のタイプだが、いろいろ似たようなところもあって仲良くなる。

薫にジャズを教える。

 

りっちゃんは千太郎の幼馴染。チャーミング。

レコード店「ムカエレコード」の娘。

ムカエレコードの地下室でいつもジャズセッションをやっていて、りっちゃんは聞いたり差し入れしてる。

 

薫と千太郎が出会い、一緒にジャズセッションする。

それぞれ恋もして、いろいろこじれる。

 

全12話。

 

 

 

感想

すごく面白かった。

泣けるで・・・

なにかしら音楽やってたら、なにか染みるものがあるかもしれません。

 

OPを歌ってるYUKIさんのコメントもぜひ!

アニメ「坂道のアポロン」公式サイト|ミュージック

 

ジャズセッション

とりあえずセッションのシーンがめちゃくちゃいい。

すごく力がかかってて、丁寧に作られてる感じがしました。

そこに至るまでの話も含めて、セッションシーンが一番泣けるわ・・・

これはとりあえず観てもらいたいです。

ジャズやってみたくなるはず。いいなあ。

 

青春だ

一生懸命になれるジャズがあって、まあ女の子といろいろあったりして。

男の青春が詰まっています。

恋模様の方はけっこうややこしくて、もう二人ほど人物が追加されてややこしくなります。

これとちょっと似てる。

登場人物それぞれにドラマがたくさんあって、面白かった。

オチも、わたしはすごくよかったと思います。

 

女性が観たらどういう感想になるのか気になるところですが、原作の漫画は「このマンガがすごい!」のオンナ編で1位になったりしたそうな。

マンガは音が聴こえないので、また違った雰囲気なんでしょうな。

映画化もされてるそうな。

いやーでも映画もマンガもしばらく観れないわー

このアニメとは違うことを許せるようになるまで時間がかかりそうです。

 

 

 

まとめ

アニメ「坂道のアポロン」を観た感想でした。

わたしのBDいつかほしいリストに載りました。

ぜひ!

 

 

 

 

#1 モーニン

#1 モーニン

 

 

広告