Shake-n-Wake 静かに起きるための目覚まし時計だ

早起きしてますか?

今回は、一人で静かに早起きするための目覚まし時計 Shake-n-Wake を紹介します。


どうして静かに起きたいのか

そもそもどうして静かに起きる必要があるのか、分からない人には分からないでしょう。まずはその辺の話から。


朝型への憧れ

学生のころは早起きしたいなんて全く思いませんでしたが、社会人になってから早起きして勉強なり好きなことをしたいと思うようになりましたね。

夜更かしすると、次の日の朝に起きられないという恐怖があるので、朝早く起きて何かやる方が精神的に余裕があります。学生のころはともかく、社会人たるもの朝の時間はキッチリとする必要があるわけです。


家族は起こしたくない

一人暮らしであれば、起きたいなら爆音でアラーム鳴らせばよいんですよ。どうせ誰もいないし。

しかし誰かと一緒に暮らすことになれば、そこから早起きへの戦いが始まります。

私の早起き戦争は結婚から始まりました。結婚したら、まあ一緒に寝ますよね。一人早起きのモチベーションとしては「妻を早起きさせるのはかわいそう&結婚しててもやっぱり何となく一人の時間が欲しい」ということで、起きたいんだけど自分ひとりで静かに起きなきゃいけない。

子どもができたらさらに大変です。万が一にでも子どもを起こしてしまったら、そこから子守がスタートします。落胆の極みです。

以上の理由から、自分一人でこっそり早起きしたいわけです。


静かに早起きするのは難しい

さて、こっそりと一人で起きたいわけですが、静かに起きるというのは案外困難です。


試行錯誤するものの……

  • リストバンドに携帯を入れて、震わす → バイブが弱くて起きない
  • 枕の下に携帯を入れて、震わす、鳴らす → 寝てる間に枕の下から出てきちゃう
  • 目覚ましっぽい音を小音量で鳴らす → 気付かず起きない

こんな感じで、うまくいきません。

まぁぶっちゃけ、そもそも早く寝ないと絶対に早く起きれません。数日うまくいったからといっても早く寝る習慣がないと、早起きも長続きしないですね。「それを言っちゃあおしめぇよ」という感じですが、それありきでの話です。


Shake-n-Wake

震えて起こしてくれるタイプの目覚まし時計「Shake-n-Wake」を試してみました。確か買ったの去年くらいかな?なんで今まで気付かなかったかという話ですが、ちゃんとそういう商品があるんですねー。

Shake-n-Wake 外観
リストバンドで装着。

なんということはない。 リストバンドに大きな時計がついたような感じです。


機能概要

  • 震える or 鳴るを選択可能
  • バックライトボタンで暗闇でも時間が確認できる
  • ストップウォッチ機能
  • 単四電池×1本

これはおすすめです。ちゃんと起きれます!これで起きれなかったら寝不足なのでもっと眠ったほうがいいです。


感想

良かったところ。

  • そこまで大きくないし電池も1本なので重くない
  • 震え方がすごいので起きれる
  • 値段が安い
  • マジックテープなのでビシッと固定できる

まあ欠点もある。

  • 震えすぎてけっこううるさい (強く震えないと起きれないけどね……)
  • マジックテープをはがす音がうるさい (ベッドから抜け出した後にキャストオフすればいいんだけどね……)

ちなみに装着するとこんなです。

Shake-n-Wake 装着した様子
うーんダサい。

けっこうでかい。慣れれば寝てる時は気にならないレベルですかね。私はすぐ寝ちゃうタイプなので、こんなものついてても最初から余裕で爆睡でしたね。

人に見られるようなものではないとはいえ、凄まじいダサさ


まとめ

Shake-n-Wakeを使ってみた感想でした。

最近では「朝活」なんて謎の言葉もありますが、そんな早起きして何かしたいひとにはおすすめしたいです。なにせ値段がお手頃なので、もし使ってみて自分に合わないとしても精神的ダメージだけで済みます。

ちなみに私は3:30に起きてます。

広告

2019/11/19レビュー