アニメ「ナイツ&マジック」 ガンダム&魔法と美少年です

アニメ「ナイツ&マジック」を観ました。

まあまあでした。ガンダムよく知らないんですがガンダムでした。

内容

敏腕プログラマが死んで、異世界転生。転生後は美少年になり、ロボと魔法のある世界に。そこでいろいろがんばってロボを作って戦ってまたロボ作って……という話。

ロボ(シルエットナイト)に乗るナイトライダーになるための学校に通う学生が主人公。前世?のプログラマだったころにロボが好きだったおかげで猛努力し、なんかよく分からんうちに魔法もすごくなる。容姿端麗で何でもできちゃう、The 主人公。

いろいろなロボが次から次へと登場。魔法少なめ。

全13話。

感想

悪くはない、だけどなんとなく失速していくような感覚があります。

全体

まずいきなりですが、全体的に、なんとなく面白さがだんだん失速していくような・・・

革新的なアイデアによって、いろいろなモビルスーツを主人公が開発するんですが、最初の方はポンポンと開発が進んで観てて楽しい。でも機体がだいたい揃ってくると、驚きがなくなる。いろんなロボが出てきて「ふーん」になってゆく……。

そしてめちゃくちゃ強い主人公機「イカルガ」がでてくるとある程度完結。あとはその無敵の機体で弱い者いじめです。

ありがちなインフレーション

かと思うと、最後の方は敵も均衡してきて、今度は技術インフレが起きる。主人公が考案した機敏に動けるロボも、最終的にはそれが当たり前になり誰でもやり始める。どんどん強くなっていくロボに対して、失われていくマジック感。

まあ主人公がメカオタクなのでそれはそれでいいんですが、魔法とはいったいなんだったのか……。

難しい話は無いんだ

あとは、ストーリーが薄いです。難しい話はいっさいなし!いかに主人公を目立たせるかに注力したような。

なので、登場人物もすべてモブ、モビルスーツも主人公機が能力・見た目が飛びぬけて良いですが、敵機などは雑魚。異世界で主人公がすごいことをどんどんやって、みんな憧れながらそれについていく、という図式。

主人公のためのアニメ

ということで、すべては主人公を引き立てるためにあります。

実は、わたしはこういうのそんなに嫌いじゃないです。レベルめっちゃ上げてラスボスを圧倒するタイプの人であれば理解してもらえる気がします。強い主人公だと安心して観れます。リゼロとか面白いけど心臓に悪い。

モビルスーツもすごくかっこよくて、まさにロボアニメって感じでした。

でもなんか最近、プログラム≒魔法 的な流れある?やっぱ視聴者層がそういう感じなんですかね。媚びてるじゃないですけど、やたらとエンジニアが多い気がする。まあそういうアニメをわざわざ観てるっていうのもあるか。

余談ですが、転生前がめっちゃ短い。冒頭のみ。その後いっさい出てこない。そして転生前の声と絵が合わなくて違和感ある。すぐ転生しちゃいますが。

まとめ

アニメ「ナイツ&マジック」を観た感想でした。

ロボ好きなら観れる。もう一回は観ないかな!



広告

2020/10/02アニメ,感想