Synology DS218 PCのデータを自動バックアップ

Synology DS218を使ってPCのデータを自動的にバックアップする方法です。

Cloud Station Serverを使えば、PCのデータをDS218に自動的にコピーしてバックアップを取ることができます。

1. Cloud Station Serverをインストール

まずはDS218上でCloud Station Serverをインストール。

「パッケージセンター」にあります。

2.  Cloud Station Backupのインストールと設定

Cloud Station Serverはサーバ側。

クライアント側のPCにはCloud Station Backupをインストール。

ブラウザ上でDS218を操作し、Cloud Station Serverを起動。

↓赤丸のダウンロードボタンを押す。

インストーラがダウンロードできる。

インストールは他のソフトと同様、特に難しいことはない。ここからはブラウザ上のDS218ではなく、PC側の操作。

まずはCloud Station Backupを起動。

2-1. ようこそ!

まずは、ようこそされる。

2-2. NASへの接続

DS218への接続に使うアカウントの設定。

「ドメイン名」は、初期設定で名付けたDS218の名前。

ユーザ名、パスワードは作成したアカウントのもの。

「次へ」を押すとポップアップが出る。

QuickConnectに切り切り換えるかどうか。

LAN外からアクセスする場合だと思うが、うちではLAN内でしか使わない。

今ではない!

ポップアップしつこい。SSL証明書の話。

とにかく処理する。

これもそのうち、どげんかせんといかん。

2-3. バックアップの設定

バックアップしたいファイル・フォルダを選択。

写ってるのがわたしのPCのフォルダ。ちなみにPCの名前がfirstなので、バックアップ先も勝手にそうなってる。

バックアップ規則の設定。

バックアップの対象外にしたい拡張子とか設定できる。

わたしは一番下のチェックを外した。管理しきれなくなりそうなので・・・

2-4. 確認

設定の確認。

伏せ字に深い意味はないですが、フォルダ構成ってなんか恥ずかしくない?

バックアップしたファイルを読み取り専用にできる。余計なことはしてほしくないので、必要ありません。

なぜここだけボタンが丁寧語なんだい。

3. 動作

インストールが完了するとすぐにバックアップが動く。

こんなにファイルあるんだー

バージョンエクスプローラーでバージョン管理もできるみたい。こういうのはピンチのときにしか使わない。かも。

設定もある。

まあそのままでいいと思うが、システムトレイアイコンはシンプル派。

まとめ

Synology DS218でPCのデータを自動バックアップする方法でした。

勝手にやってくれるって言うんだから、いいもんですな。

関連記事

Synology DS218 機能紹介

広告

2019/11/07Synology NAS,tec