アニメ「いつだって僕らの恋は10センチだった。」 ベタベタのベタ

アニメ「いつだって僕らの恋は10センチだった。」を観ました。

べったべた!

ベタすぎて何の捻りもないんですが、そこが良いと言えばいいかもしれないです。

 

内容

高校の入学式、春生まれの「芹沢春輝」と「合田美桜」が桜の樹の下で出会う。

春輝は映画研究部で活発、美桜は美術部でおとなしめ。

タイプの違う二人は何となく仲良くなり、一緒に下校するようになる。

周りからは付き合ってると思われているが、二人の間にはわずかに10センチの距離があり、なかなか詰められない・・・

 

全6話。

 

感想

うーんまあ予想通りっていうか特に何か起きるわけでもないですし。

 

確かにいつだって10センチだ

確かにタイトルのとおりです。

ずーっと10センチ。

一緒に花火を見たり、仲良く一緒に帰ったり何だりかんだりしても、ずーっと10センチ。

ええんか?これがええのんか?

そういう意味では6話完結は英断ですな。

12話やってたらやばかった。この短さはすごくちょうどいい。

「うわーなげー」ってはならないかなと思います。

 

はよせい春輝

まあずーっと10センチなので、はよ告れや春輝!ってなりますよね。

そういうことですか。

それを楽しむアニメですかもしかして。

とにかく全編に渡ってそういうシーンばっかりなので、まあワンパターンです。

 

ベタ

とにかくどっかで観たようなベタさです。

もうベタすぎて恥ずかしくもならんわ。

逆にこのベタさでどうしてアニメになったのか不思議なレベル。

画も普通の少女マンガ風だし、音楽もこれといって普通。

さらにちゃんと男女の組が出来ていて、略奪しあったりもしない。

むむむ・・・なぜこれがアニメに・・・?

 

まとめ

アニメ「いつだって僕らの恋は10センチだった。」を観た感想でした。

これみたいな少女マンガ風だと、「食いしん坊のデブ」キャラがいないよね。

その点、「月がきれい」とか「Just Because!」は多様性があっていい感じなんだよな。

 

広告

アニメ,感想