アニメ「魔法少女サイト」 魔法少女はもうやめておけい

アニメ「魔法少女サイト」を観ました。

あんまり面白くなかった!魔法少女が酷い死に方したり殺し合ったりするのがデフォルトになってきてる気がするけど、まどマギが100%悪いです。

内容

中学生くらいの女の子たちがとつぜん魔法少女になってしまい、魔法少女同士で戦ったり、魔法少女たちを管理しようとする運営側と戦ったり、とにかく戦う話。

主人公「朝霧 彩」は中学2年生。学校ではひどいいじめを受けていて、家では優等生の兄から虐待されるという酷い境遇。そんな生活の中、もういよいよ限界というところで、不気味なWebサイト「魔法少女サイト」に出会う。夢か現実か分からないうちに、「ステッキ」と呼ばれる魔法の道具を手にいれ、魔法少女になってしまう。

朝霧以外にも実は魔法少女がたくさんいて、それぞれ異なる特殊能力を持ったステッキを所有している。他の魔法少女からステッキを奪おうとする者、私生活に有効利用しようとする者、魔法少女サイトの運営側に疑問を持つ者など、立場・思想の異なる魔法少女たちが争い、協力し、戦う。

全12話。

感想

むごい系魔法少女の典型です。いたるところに恨みが散りばめられています。内容的にはそんなに深い話はなく、表面上感・行き当たりばったり感がなんとなく漂う。

サイト運営側の目的

いきなり大事なところの話ですが、サイト運営側の目論見がパッとしないまま終わります。なので最終的な感想としてもなんだかパッとしないまま……。

かといって「うわー続き気になるぅ!」というほど気になることもなく。運営側も強力な能力者ぞろいなので、どんな能力者がいるのかな?と気にはなります。が、本質的なところの引き込みが足りないです。壮大な目論見があるのであればもっと匂わせないと!

物理法則を無視した魔法をさんざん使ってるんだから、なにかぶっ飛んだ目的がほしいところです。多少はそれを匂わせる演出がほしいです。

魔法の代償

魔法の代償は、寿命です。みんなステッキを使った後に目から血が出たり吐血したり、とにかく出血します。その出血が寿命にどう影響するのかは置いておくとして、都合のいいところで「うぅっ…!」とかなるので、ちょっと後付け感が漂うんですよね。いいところで具合が悪くなります。

この設定て、魔法少女なのに魔法使い過ぎると死ぬってことになるし、それでいてバンバン魔法使えば「あれ、なかなか死なないじゃん」てなるので、話を構成する上ではハードル上げてると思います。「魔法使いの嫁」の場合は魔法の耐性がない人間だったので具合が悪くなってもなるほどOKでしたが、魔法少女となると……うーん難しい。

ちなみに、魔法を使い過ぎると見た目は変わらず、内臓が老人並になるダメージみたい。それで吐血とか目から血が出るのは違くない……?

魔法少女のパターン

不幸な魔法少女のパターンが既に築かれていて、そこにハマっていってしまうような。魔法少女系の別の作品「魔法少女育成計画」も同じパターン。

http://mahoiku.jp/

細かいところはいろいろ違うけど、大枠はほとんど同じかと。魔法とその代償、魔法少女同士の争い、黒幕の存在……ある程度パターン化されています。これらの作品の元祖であるまどマギは観た方がいいと思います。そして比べてみましょう。「あれ、これって……」と感じ、魔法少女はこの辺でやめておいた方が、と思うかもしれません。

まとめ

アニメ「魔法少女サイト」を観た感想でした。

パンツ型のステッキとか出てくるんですが、そういうのがどうでもいいと思うくらい内容が強烈なんだよなあ。魔法少女系として斬新なわけではないんですが、いろんな意味で酷い。


2020/10/12アニメ,感想