ドラレコを自分で取り付けてみた (1) Yupiteru DRY-TW7500d

車にドラレコを自分で取り付けました。

Yupiteru DRY-TW7500dを自分で取り付けたので、その過程を紹介します。


背景

ドラレコを自分で取り付けるようになるまでの簡単な背景です。


ドラレコが必要な時代

ある日の妻が突然「車にドラレコをつけたい」と言いだす。事故のときに身を守るエビデンスになるかもしれないし、そういう時代だと思ってつけることにしました。


工費がけっこうかかる

いざドラレコを買いに行くと、取り付け工費がけっこうかかる。本体価格 + 1.2万 くらい。

ちょっと調べれば自分でできるんじゃねーの? と思い、本体だけ買って帰る。そして自分で取り付けざるを得ない状況に自分を追い込む。

という感じで、ドラレコを自分で取り付けることになりました。

結論としては、ちゃんと必要なものがあれば簡単です。自分でやって傷付けたくない、失敗が怖い という方はプロに頼むのが良いです。


Yupiteru DRY-TW7500d

ちなみに購入したドラレコは Yupiteru DRY-TW7500d です。

あんまり高いのはいらないけど、前後カメラは欲しい! という方にはお勧めです。


作業の全体像

まずは取り付け作業の全体像から確認しましょう。


作業手順

作業の手順は下記のとおり。

  1. ヒューズボックスを確認
  2. 道具などを揃える
  3. ドラレコの電源を確保
  4. きれいに配線

ポイントは、ちゃんと必要なものを確認してから買いに行きましょう

場当たり的に作業開始しちゃうと、なんどもホームセンターに行くハメになります(なりました)。あとは基本として、ケガしないようにグローブとかしましょう(ケガしました)。


関連記事

広告

2019/12/05tec,tec_その他