オフィスには静音マウスがオススメ logicool M590

今回は、マウスの紹介です。

logicool M590を買ったので、使ってみた感想をまとめます。けっこう久々にマウスを新調したので、技術の進歩を感じました。


logicool M590

まずはM590の概要について。

logicool M590 外観
小さめ。

特徴は下記の通り。

  • Bluetooth or 2.4GHz無線のどちらかで接続
  • パソコン2台に登録してボタンで切り替え可能
  • クリックは静音仕様
  • 7ボタン、カスタマイズ可能
  • 公称 24ヶ月の電池持ち

類似商品にM585がいて形は同じですが、M590は静音仕様です。実はM585も持っていて、仕事でM585を使っていて良かったので家用にM590も買いました。


感想

使用した感想をまとめます。


2台登録が意外と便利

PCが2台ないと意味のない機能ですが、2台登録してボタンで切り替えられる機能が意外と便利でした。

Windows + Macの2台で切り替えながら使用したりしていますが、問題なく使えます。机の上にマウスが何個も並ばなくてよいので、これは便利。

もし複数のPCでマウスを別々に接続してるのであれば、ぜひ試してもらいたい機能です。

ちなみに、2台のパソコン間でコピペができる「LOGICOOL FLOW」という機能も付いてますが、使ってません。使用用途にもよると思いますが、2台間でファイルをちょこちょこ移動したりしないし、ファイルサーバとか共有フォルダとか手段が他にもあるので困ってないし。使ってみると意外と便利ってこともあるかもですが、今のところはいらないかな。


静音は必須

クリック音が静かなのがとても良いです。オフィスでは特にそうですが、静音はほぼ必須でしょう! キーボードショートカットを使えない人ってやたらカチカチしがちなので、そういう人にこそ静音マウスを使ってもらいたい。

それと好みの問題ですが、クリックの感触が良いです。ポチポチって感じ。


小さめだけど手になじむ

これはもう個人差がかなりあると思いますが、小さめだけど手になじむデザイン。私はもともと大きい方が好きでしたが、これはなぜかなじみました。

logicool M590 マウスを持った様子
マウスを持ったところ。

このように手に対してだいぶ小さい感じがしますが、小さくて使いにくいという感じはないです。

そもそも製品ラインナップ (logicoolだけじゃなく) に大きなマウスがあんまりないので、そういう時代なんでしょうかね。ちょっと前までは、小さい=使いにくいという感じでしたが、M590はそんなことはないです。


ユーティリティソフトがかっこいい

ちょっと前まではlogicoolって安っぽいイメージがあったんですが、だいぶ変わりました。

マウスのボタンをカスタマイズできる「Logicool Options」というソフトがありますが、シンプルなデザインでかっこいいです。垢ぬけたなlogicool。


Windows 10のBluetoothがクソクソのクソ

全くもってM590の話じゃあないんですが、Windows 10のBluetoothがクソで、接続が切れることがままあります。再起動しないと直らなかったりして結構ヤバいっす。

なのでBTマウス全般に言えることですが、Windows 10で使うのであれば覚悟が必要です。

そろそろアップデートでなんとかならないんかなぁ。


まとめ

logicool M590を使ってみた感想でした。

コスパがすごく良いので、ぜひお勧めしたいマウスです。何度も言いたいですがオフィスでは静音マウス!

レビュー

Posted by hircos