早くルンバを買った方がいい

今回は、ルンバの話です。

ご存じかと思いますが、ルンバというのは自動掃除ロボットのことです。ひとたびスタートさせればゴミを吸い込みながら床を這いまわり、自動的にきれいにしてくれます。

うちはそんなに広くもないし、まぁいらないでしょーと思ってたんですが、いざ購入して使ってみると早く買っておけばよかったと感じました。だから、早くルンバを買った方がいいです。

ルンバの何が良いか

まずは、ルンバの何がそんなに良いのか。

勝手に掃除してくれる

自動掃除ロボットなので、実は勝手に掃除してくれます。そりゃそうなんですが、これはいざ体験してみないとすごさが分からない。

想像してみてほしい。掃除に限って言えば、労働力が一人分追加されるってことなんです。例えば、自分は洗濯・皿洗いしてる間に掃除はルンバに任せられる。または、自分が出かけてる間に掃除してもらえば帰ってきたときに部屋がきれい。

勝手に掃除してくれるっていうとイメージが弱いんですが、労働力が追加されてると考えるとすごいことです。

かなりきれいになる

「自動xx機能」というと何となく頼りないイメージがありました。代表的なのはエアコンのフィルタ自動掃除機能。コストの割に全然きれいにならないんじゃないの?という印象がありました。

しかしルンバは違う。自分でちゃんと掃除機をかけたくらいにはきれいになります。

部屋の広さは気にしなくていい

ルンバの最大の利点は先述の通り、労働力の追加です。なので勘違いしがちですが、部屋が広くて掃除が大変だからロボットにやらせたいというだけが購入のモチベーションじゃないと思っています。

部屋が広くても狭くても掃除はめんどくさい。だからそこにロボットを投入する価値がある。広くても狭くてもだ!

ルンバの気にされがちな点

ルンバがすっかり普及して使用される中でよく聞く「気になる点」と、私が実際に使ってみた感想を。

ゴミ捨てがめんどう

部屋の汚さ、掃除の頻度にも依りますが、毎回ゴミは捨てたほうがいいです。それが結構めんどくさいという意見が散見されます。

掃除してもらってんだからゴミくらい捨てろ!と思わないでもないですが、最近のちょっといいルンバなら基地にゴミタワーがついていて、そこに1ヶ月分くらいゴミを貯めておけます。なのでゴミ捨ての頻度がだいぶ減る。タワーにゴミを1ヶ月くらい貯め込むことに抵抗がないのであれば、タワー付きの機種を選ぶと良いでしょう。きたねえ!捨てろよ!

物を片付けないと掃除できない

掃除するんだから当たり前だろ!と思いますが、ルンバ様に掃除していただく際には床を空ける必要があります。さもなくばルンバがぶつかって掃除を諦めるか、ルンバに引っかかって部屋中引き回しの刑に処されます。

片付けが必要というのはむしろメリットです。自分で全部やると片付け+掃除ですが、片付けさえやれば部屋がきれいになるってことで片付けのモチベーションが上がります。実際、ルンバで掃除するようになってから片付けるようになっています。

角が弱い

まあルンバは丸いので、角を隅々まできれいにできるかって言うとそうでもないです。ブラシが回ってゴミを掻き出すので、よくやってる方だと思いますよあいつは。

部屋の大部分がきれいになるんだから、角にちょっと埃が残るくらいどうってことはない。

うるさい

掃除機かけてんだから当たり前だろ!

ダイソンよりはだいぶ静かです。

まとめ

ルンバを早く買った方がいいという話でした。

はよ買え。

レビュー

Posted by hircos