アニメ「殺戮の天使」 第一印象よりおとなしめ

アニメ「殺戮の天使」を観ました。

まあまあ!もうちょっと過激な感じでも良かったかも。

内容

殺人鬼と女の子がビルの地下から地上へと脱出する話。

ある悲惨な事件に巻き込まれカウンセリングを受けた少女「レイチェル」は記憶喪失になり、気付けばとあるビルの地下最下層にいた。地上へ脱出するために出口を探索中、殺人鬼「ザック」に襲われる。

その後いろいろあって目的は一致し、地下から脱出するために二人は協力することになる。

ビルの各フロアには主がいて、その主らとのいざこざをクリアしながら進んでゆく。この辺りちょっとゲームっぽいなと思ったら、元ネタがゲームだそうな。

全16話。

感想

これは一応ホラーになるんかな?まあまあ面白かったです。

そんなに怖くない

最初の印象はけっこうサイコな感じなんですけど、観終わってみると意外とそうでもないです。なんかもっとヤバい連中なのかと思ってました。

まあ、そのくらい導入が良いです。

逆に言えば、最初すごい引き込まれるんですが、観ていくとそうでもない……。なんとなく「ああやっぱりそうなのね」という感じがしてしまう。

なんとなく女の子っぽい

なんとなく、少女マンガ指向があるような気がします。そういうイチャコラシーンがあるわけではないんですが、そんなにぶっ飛んだことにはならないし、めちゃくちゃ残酷っていうこともなく精神的な内容がほとんど。

ホラーといえばホラーだけど、やわらかーいホラーです。なんだかんだ、みんなかわいいもんですわ。

OP/EDは悪くはない

OPがなんか元気ですけど、OP/ED合わせるとなんとなくいい感じな気がします。悪くはない、けど取り立てて良いって感じもないかも。

まとめ

アニメ「殺戮の天使」を観た感想でした。

ちょっと間延びした感あるなあ。でも好きな人はきっと好きです。


アニメ,感想

Posted by hircos