やってみたJavaScript(0005): 枠線とセルの描画を修正

やってみたJavaScript、今回は、枠線とセル描画がずれてたので、修正する。

これ、書いたやつが一回消えちゃって、二回目の執筆。何を考えてどうしたか細かいことは忘れちゃった……。コード読んでいこう。

test0005

https://www.hircos.work/test/test0005/

枠線とセルサイズの指定を修正

枠線とセル描画が被ってるような気がしたので、ためしに太さを10[pixel?]にしてみた。

そしたらめっちゃずれてた。

黒い線が交差するところに白い四角が見えるやつ

ちょっと忘れちゃったけど、枠線描画のときの座標を見直したのと、セルサイズ指定にライン幅を考慮した、という変更だったはず。

	drawRect( cvs, (point_x*CELL_WIDTH) + ctx.lineWidth, (point_y*CELL_WIDTH) + ctx.lineWidth, 'rgb(0, 0, 0)' );
function drawRect( cvs, x, y, color ){
    let ctx = cvs.getContext("2d");
    let lw  = ctx.lineWidth;
    
    ctx.fillStyle = color;
    ctx.fillRect( x, y, CELL_WIDTH - lw, CELL_WIDTH - lw );
}

四角を描く関数drawRectをいじった。ついでに色も指定できるようにした。

アフターはこちら。

うまくいくと気持ちいい

ちゃんとcanvasの左上端から描けてる。

ちなみに、右下端はイマイチの状態。ここはライン幅を考慮してcanvasサイズ指定しなきゃなんだけど、JavaScript→htmlの受け渡しが分からないので、とりあえず今は後回し。

下と右の線が細いのよ

周期処理

一応、周期処理の準備を。うまく動いてないけど、とりあえず1000ms毎に動く処理を作ってみる。

    setInterval( drawCanvas, 1000, cvs );

chromeのデバッグモードで見ると、何となく動いてるような……

19のところがどんどん増える

ちょっと半端ですが、いじょ。

JavaScript,tec