アニメ「神達に拾われた男」 清く正しい異世界転生

アニメ「神達に拾われた男」を観ました。

久しぶりに清く正しいアニメを見た気分です。

内容

異世界の神達の都合により異世界転生することになった男が、サービスされたステータスと探求心で新たな人生を切り開いていく話。

ブラック企業で社畜業を営んでいた竹林竜馬は一人暮らしのアパートであっけなく死亡。そこで異世界の神達に拾われ、神達がある目的を達成する都合により異世界転生されることになる。

システムエンジニアの経験によるタフさ・探求心と、神達から授かったステータスを駆使し、8歳の少年として新たな人生を一人で切り開く。

全12話。

感想

拗れた感じは一切なく、とても清らか。若干の昭和感とNHK感が漂っておる。でもNHKじゃないです。

清らかさ

ゲス野郎、凶悪モンスターなどは出てきません。ほんわか。

スライムと共に生活の問題を解決していく……異世界転生ものにしては大人しすぎる。久々に心が洗われた気がして悪くはなかったです。ほわわー

昭和感

CM前後、キャラがちょっとしたことをしゃべるところに、なぜか猛烈な昭和を感じた。いやいいんですけどね。なんか懐かしい感じがしたんす。

言ってみれば絵柄もちょっと古臭いというかだいぶ幼い感じだし。

無双感は控え目

子どもがいろんな人々に助けられながら人生を切り開いていく感じなので、神々に愛され異能力をバンバン駆使して無双するような感じではないです。

まあうまくいかないことがないので、そういう意味では無双か。何回も死んだり絶望したりしないもんね。

まとめ

アニメ「神達に拾われた男」を観た感想でした。

またSEが死んだのか……疲れたときに観たいです。

神達に拾われた男VOL.1 [Blu-ray]

アニメ,感想