アニメ「SSSS.DYNAZENON」 やっぱ合体ロボだわ

アニメ「SSSS.DYNAZENON」を観ました。

面白かった!

SSSS.GRIDMANよりこっちの方が好きです。

内容

少年少女+αが巨大合体ロボで怪獣と戦う話。

麻中 蓬(あさなか よもぎ)はある日、おかしな浮浪者ガウマと出会い、クラスメイトの夢芽、ニートのと共に巨大ロボ ダイナゼノンに乗って怪獣と戦うことになる。

メンバーはそれぞれ日常生活のアレコレがあり、怪獣を操る敵側の怪獣優生思想たちにもいろいろ事情がある。それぞれの日常・事情が交差しつつダイナゼノンと怪獣が戦い、物語が進む。

全12話。

感想

面白かった!ロボだけじゃなく、いろんな人の人間模様あれこれがグリッドマンより面白かった。

巨大合体ロボ

なんだかんだまずは、巨大合体ロボっていうのがいい。

ウルトラマン的なグリッドマンもいい。だがやっぱチームで戦う合体ロボも熱い。

やっぱりチームは熱さが違う。うまくいかないこともあるけど、シンクロしたときの熱さがいい。

個々人のアレコレ

味方もそうだし敵チームもそうですが、いろいろあって生きてる以上はいろいろある。

いろいろありつつ生きてる中で、よく分からんうちに合体ロボと怪獣が戦う。そうして交差していくいろんな事情がおもしろかった。

熱かったり、しんみりしたり、悲しかったり、なんとなく感じる生きづらさ…そういうちょっと複雑な感情が染みた。

リズム感

余白の美学的な。そういう独特なリズム感がある。

終わり方

グリッドマンも独特な終わり方で「ほえぇ」って感じでしたが、ダイナゼノンも終わり方が良かった。

熱さも冷め、日常に戻っていく感じ。観る側も、良い余韻で終われた気がします。

まとめ

アニメ「SSSS.DYNAZENON」を観た感想でした。

合体ロボ好きなら見るでしょうけど、合体ロボいまいちでも観てほしい!

MODEROID SSSS.DYNAZENON ダイナゼノン ノンスケール ABS&POM製 組み立て式プラスチックモデル 再販分

SSSS.DYNAZENON Blu-ray1巻(特典なし)

アニメ,感想