アニメ「魔法科高校の優等生」 ナウいガール向け

アニメ「魔法科高校の優等生」を観ました。

女子向け!完全にガール向けです。

内容

魔法の学校に通う女子たちの学園生活やら何やらの話。

魔法が現実的な技術となった世界。

成績優秀な司波 深雪と、成績は悪いが実はすごい実力を持つ兄の司波 達也はともに、魔法師を育てるための教育機関である魔法科高校に通うことになる。そこで勉強したり体育祭みたいなことをしたり事件に巻き込まれたり、いろいろある。

司波 達也の方がいつも活躍する「魔法科高校の劣等生」のスピンオフで、こちらは妹である深雪の方の視点から同じエピソードを辿る。

全13話。

感想

まあさすがは魔法科高校シリーズという感じですが、やっぱかなり女子向けっぽく偏っててそのあたり好き嫌いありそう。

見どころはどこか

いつもの劣等生であれば「劣等生だけど実は隠れた才能があり、それが随所でチラチラ目立っちゃう」という明確な楽しみがあるんですが、こっちはその兄の活躍っぷりがオマケ。

最初から優等生の妹がブラコンを発揮しながらやっぱりすごい才能を発揮しちゃう、という感じです。

日頃から虐げられている劣等生たちは、これのどこを楽しめばよいのか!というのは疑問ではありますが、まあ前作のストーリーの裏側みたいな感じでそれなりに楽しめました。

劣等生のほうもそうですが、最終的にはなんか大丈夫という安心感がこのシリーズの良さだと思います。

でもなんかかなり女子っぽくて恥ずかしくなっちゃう。

ストーリー知ってるんだよな

劣等生の方のストーリーを裏側から辿るので、まあ、ストーリー知ってるんだよな……。

面白いアイデアではある。ただ前作との整合性をどうしても確認してしまう。もっと独立した話のほうがよかったかなー。

あと単純に、話の流れを知ってるからちょっと飽きる。けどやっぱり劣等生の方を観てからのほうがいいと思います。どうしたってこっちがオマケだもんね。

まとめ

アニメ「魔法科高校の優等生」を観た感想でした。

これぞまさにスピンオフって感じかもね。

魔法科高校の優等生 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

アニメ,感想